00052

自分の思いは、メールだと7%しか伝わらない?!メラビアンの法則

採用アウトソーシング会社キャリアマートのオフィシャルブログ、
キャリブロ水曜日担当のウェンズデー松島です。

 

 

さて、今回は「メールでの伝わり方」をお話しできればと思います。
社会人になり、以前にもましてメールでのやり取りが増えていると実感しているのですが
そのメールのメッセージが実際にどれぐらい相手に伝わっているものなのでしょう?
心理学者アルバート・目ラビアンが提唱した「メラビアンの法則」というものがあります。

 

この法則では、
目から受け取る情報…55%
口調や声のトーン…38%
言葉や内容…7%

 

という割合で影響を受けていると言われています。

 

つまり、メールでのやり取りは、この7パーセントのみでやり取りをしていることになるのです。
皆さんもこんな経験があるのではないでしょうか。

 

・急いでいないのに、急いでいると思われた
・怒っていないのに、怒っていると思われた
・説明されたものがイメージしていたものと違った
・待ち合わせ場所を行き違った

 

人の感情は複雑で、文字だけ、文章だけのコミュニケーションは
以上のことからとても危険なものになってしまうのかもしれません。
これを採用にあてはめてみたらいかがでしょう。

 

会社説明会の案内や選考の合格通知がメールだと
学生にとっては担当の方の気持ちが7%しか伝わらないってことですよね。

 

やはりメールより電話、電話より直接会う、
というのが学生の志望度を上げるのには有効的になってくるのではないでしょうか。
工数的にかかってしまうのが難しいところですが
少しでもいい学生さんとの関係を築くには
こういったことが必要になってくるのかもしれませんね。

 

Comments are closed.