スカウト代行サービス会社比較!料金・特徴・会社選定のポイント

スカウトメールの配信は、欲しい人材にメッセージがピンポイントで送れるけど、文面の作成やターゲットの抽出作業に時間がかかってしまって大変・・・。

と、マンパワー不足で思うようにスカウトメールを配信できていない…という人事の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、どんな種類のスカウトメールをどこの会社にお願いしたらいいのか、おすすめのスカウト配信代行サービス会社を比較、解説していきます。

スカウト代行とは?

スカウト代行とは

スカウト代行とは、その名の通りスカウトメールを代わりに送ってくれるサービスのことを指します。

ダイレクトリクルーティングを行う際、人事は欲しい人材にスカウトメールを送らなければなりません。スカウト代行ではその際に必要な人材の選定文面の作成実際の送信を行ってくれます。

ダイレクトリクルーティングでスカウト代行・メリット

ダイレクトリクルーティングでのスカウト配信は、母集団形成において非常に重要な役割を担っています。そんな重要な「スカウトメール配信」という大事な業務を、代行サービスに任せるメリットは一体何なのか?解説していきます。

作業時間の削減

スカウトメールは、ピンポイントでターゲット人材に対してメールを送ることができることが最大のメリットですが、その反面、ターゲットを見つけてから配信までの工程として、それぞれの人材に合った内容のメール文面を作成する必要があり、膨大な時間がかかってしまうのがデメリットです。

しかし、スカウト代行を利用することで、その膨大な作業時間を削減でき、人事の業務量を大きく減らせます。

必要な人材への訴求

また、必要な人材への訴求をより確実なものにできることもスカウト配信代行利用のメリットです。

スカウトメールを待っている人材の数は非常に多く、実際にスカウトをする際はその膨大なデータを一つ一つ細かく確認しなければなりません。

この作業をスカウト代行に任せることで、欲しい人材をピックアップし、確実に訴求することができます。

採用成功率の向上

スカウト配信を代行サービスに任せることで採用率が大きく上がる場合があります。スカウト代行はスカウトメールにおける採用のプロです。

つまり、効果的な文面の構成や、送信のタイミングなど様々なノウハウを保有しています。

そのため最終的に採用成功率が上がり必要な人材の採用へ繋がります。

スカウトメール配信による採用効果

多くの企業がスカウトメールを使用することで、採用率の向上につながっていると感じています。

特に必要な人材を抽出してスカウトができるため、応募者のミスマッチも減り、全体的に採用活動における効率も上がっています。

そのため、スカウトメールを送ることで、一定以上の採用効果は期待できると言えるでしょう。

関連記事

今回のテーマは、『開封されるメール』についてです。 企業の中には人手不足に悩み、中途採用を積極的に行っていることころもあるでしょう。就職活動の一般的な手段としては、求職者が企業に対して応募するというものです。企業は応募を待っていること[…]

スカウトメールの効果とは?開封率がアップするタイトル書き方の例文

代行依頼できるスカウトメールの種類

みなさんはスカウトメールと一言で表しても、いくつかの種類に分けられていることを知っているでしょうか?

大きく分けて以下の3つの種類が存在します。

一斉送信型

これは対象者に同じ文章を一斉に送るもので、一度に多くの人材へ訴求が可能です。

一方で多くの人に同時に送るため、文面に特別感が出せない点がデメリットとなるでしょう。

応募促進型

文面に自社への応募を促すメッセージを記載したスカウトメールは、応募促進型に分類されます。

これは文面に自社の魅力や条件、待遇の良さなどを記載し、活かせるスキルなどを詳しく書くことで読み手の応募意欲を上げるものです。

中には「ぜひ応募してください」などの、ストレートな応募促進のメールも存在します。

ヘッドハンティング型

対象者に対してひとりひとり文面を分け、個別に送るメールをヘッドハンティング型と呼びます。

ヘッドハンティング型の場合、業務量が多く、対象者のプロフィールを個別に確認し、その人に合ったオリジナルのメールを組む必要があります。

ヘッドハンティング型は、工数が多い分スカウトの効果も高く、非常に大きな採用決定力を持ったスカウトメールです。

スカウト代行サービス会社が対応してくれること

スカウトメールを送る際、準備から実施まで行う作業は非常に多いため、時間を取られることに悩んでいる人事の方も多いのではないでしょうか。

では、一体どこからどこまでの業務を代行でお願いできるのでしょうか?

採用戦略の設計

採用活動を行う際、まずは最初に具体的な戦略を設計する必要がありますが、スカウト代行ではその段階からサポートをしてくれます。

「具体的にいつまでに何人欲しいのか」

「どのポジションに配属予定か」

など、より細かい部分まで戦略の設計を手伝ってくれます。

媒体の選択

ダイレクトリクルーティングと言っても、現在多くのサービスがあり、どのサービスが自社に合うか迷う方も多いでしょう。

スカウト代行では採用戦略の設計後、その戦略に適した媒体の選定を行ってくれます。

スカウトメールの作成

スカウトメールを使って採用を行う際、最も時間を取られるのが実際のメールの作成でしょう。

スカウト代行では、メールの作成も代行してくれるため人事の負担を大幅に減らすことができます。

人材の抽出

メールの作成と同じく、必要な人材の抽出も非常に大事なステップです。スカウト代行では戦略設計の際に定めた、自社に必要な社員をデータから抽出するサポートも行っています。

スカウトメールの送信

上記のように準備期間のサポートの後は、実際のメール送信を行います。

職種や業界ごとに、スカウトメールの開封率が時間によって変わるため、適切な時間にメールを送信してくれるサポートは非常に効果的です。

振り返り

サポートの最後は、今回の代行サービスの振り返りを行います。その中から課題点などを洗い出し、今後の採用活動に役立てるよう、様々なポイントをまとめてくれます。

スカウトメール配信を代行する際のデメリット

このように、上手く使いこなすと非常にメリットのあるスカウト配信代行ですが、少なからずデメリットも存在します。

事前の戦略設計などをしっかり行わないと、認識のずれが生じ人材のミスマッチが発生することもあります。

また外部への委託のため、会社選定を失敗すると連絡が遅かったり担当者の質が良くないなどのデメリットもあるので、会社選定の際は十分に注意してください。

スカウト代行サービス会社の選定ポイント

では実際にスカウト代行サービスを検討する際の「気を付けるべきポイント」を解説していきます。

対応範囲

先述でスカウト代行の業務内容を記載しましたが、会社によってその対応範囲は異なります。

そのため自社内で、まずは依頼したい業務を整理し、それらの業務に対応している会社を選定する必要があります。

レスポンスの速さ

担当者の連絡の取りやすさも非常に重要な選定ポイントです。最悪の場合、依頼した業務への対応が遅く、優秀な人材を取り逃してしまう可能性もあります。

意外と見落としがちですが、会社選定の際は担当者の連絡スピードも確認しておきましょう。

実績

スカウト代行を依頼する前は、必ず実績を確認するようにしてください。実績が多い企業ほど、ノウハウや情報が多いため、より安心して業務を依頼することができます。

スカウト配信代行サービスの料金

スカウト代行の料金は大きく分けて、月額制と従量課金制の2パターンが存在します。

金額はスカウト配信代行サービスの会社によって大きく価格は異なり、採用アウトソーシングの一部としてスカウト配信を行うのか、ダイレクトリクルーティングのみで行うのかでも違ってきます。それぞれの会社の特色を考慮し、事前に複数のサービスを比較することをおすすめします。

月額制

安価なところでは、月3万円ほどから対応してくれる会社もあります。

従量課金制

メール1通につき1,000円~1,500円くらいからの対応が相場ではないでしょうか。

スカウト配信代行サービスの種類

スカウト代行会社にもいくつか種類があり、大きく分けて以下の2つが存在します。

スカウト配信代行のみ

1つ目が単にスカウトメールの配信のみを行う会社です。人材の抽出や文面の作成などはなく、すでに抽出された人材に完成したメールの送信だけを行うサービスです。

アウトソーシング型

一方でアウトソーシング型は、文面の作成人材の抽出など、採用業務のほとんどをサポートしてくれます。

フォロー体制が手厚く、ほとんど採用代行と変わりませんが、その分費用も高くなる場合が多いです。

関連記事

弊社もサービスを提供しています、「採用のアウトソーシング」「採用代行(RPO)」とは、どういったことをいうのでしょうか。 言葉の意味は何となくお分かり頂けると思いますが、では実際どのようなことができるのかをご説明させて頂きます! 採[…]

採用アウトソーシングとは?採用代行とは?

ダイレクトリクルーティング特化のスカウト代行会社

ダイレクトリクルーティングに特化しており、なおかつ実績の高い会社をいくつかまとめました。

doda

doda

人材紹介事業が強みのdodaですが、ダイレクトリクルーティングにおいても非常に実績があります。

特徴としては人材紹介事業で獲得した自社会員に対して、ダイレクトリクルーティングを行うことができるので、非常に多くの人材データを保有している点があげられます。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの特徴として、登録人材の質が高くハイクラス層が多い点があげられます。そのため即戦力募集を行う際は、ハイクラス人材が多いビズリーチがおすすめです。

ミイダス

ミイダス

2015年設立と比較的若いミイダスもおすすめの会社の一つです。

歴史はまだ浅いものの、すでに65,000社以上の導入実績があるため、信頼して業務を依頼することができるでしょう。

アウトソーシング型のスカウト代行会社

スカウト配信を含め、採用業務全般をアウトソーシングできる会社のおすすめを以下にまとめました。

キャリアマート

キャリアマート

キャリアマートは、RPAを非常に早い時期から導入しており、様々なシステムを駆使して採用をサポートしています。年間995社以上もの実績があり、安心して業務を任せられるポイントとなります。

また、スカウト配信に関しては、1通50円~の対応が可能としています。他社に比べても圧倒的な安さになりますので、気になりましたら、一度問い合わせをしてみてください!

キャリアマート アウトソーシング型スカウト代行の詳細はこちら

ネオキャリア

ネオキャリア

ネオキャリアでは新卒・中途・アルバイト問わず、多くの分野での実績があります。そのため情報量が非常に多く初めてアウトソーシングを依頼する際、非常に頼りになる存在と言えます。

また、エンジニアに特化したスカウト代行サービスも行っており、ゴールドプラン(カスタム配信:300~400通・テンプレ配信:450~600通)で25万/月、プラチナプラン(カスタム配信:600~800通・テンプレ配信:900~1200通)は45万円/月から対応可能です。

ディスコ

ディスコ

ディスコは1973年創業と非常に歴史のある会社で、採用に関するノウハウが非常に豊富です。また、採用後の人材教育サービスも行っているので、対応範囲の広さが魅力です。

まとめ

求人広告だけでは採用が難しい現代では、多くの会社でダイレクトリクルーティングやスカウトメールの配信など様々な手法で採用活動が展開されています。

このように採用手法が増えるにつれて、人事の業務量も増え仕事がさばききれないという会社も多いのではないでしょうか。

そこで採用業務のアウトソーシングを検討している人事の方は、この記事を参考に適切な代行会社を見つけ、スムーズな採用活動を行ってください。

関連記事

このようなお悩みをお持ちの方におすすめの記事です。 採用活動がうまくいっていない 採用業務を外注に依頼したい 採用アウトソーシングを導入したいが費用相場がわからない 本記事では、「採用アウトソーシングにかかる費用[…]

採用代行会社、採用アウトソーシングサービス料金費用相場まとめ

OSCTA

採用業務の時間を大幅短縮スカウト代行のメリットや選定ポイントを徹底解説
フォローして毎日記事をチェック!