イマドキ学生を4タイプに分類!タイプ別攻略法を徹底解剖!

2020年8月25日に「【就活意欲×業界軸】学生を4タイプに分類!!タイプ別攻略法を徹底解剖!」というテーマでWebセミナーを実施し、当日参加企業様の満足度は80%超えでした!

今回、日程が合わずに参加できなかったというお声を多数いただきましたので、9月も同様のセミナーを実施させていただく予定ですので、8月セミナーの一部をご紹介させていただきます。

<第一部>学生のタイプ別に徹底解剖

どうなる2022卒採用?最新情報をお届け!

DISCO 2021年卒・新卒採用に関する企業調査-中間調査 (2020.7)

21卒学生採用活動中の企業様を対象にオンライン選考導入時期の調査を行ったところ、既に73%の企業様がオンライン選考を導入しているという結果になり、21卒採用は、新型コロナ感染拡大により、採用手法が大きく変化した年となりました。

DISCO 緊急企業調査 新型コロナウイルス感染拡大による 採用活動への影響

さらに、オンライン選考継続に関しても全体の57.3%の企業様がコロナ収束後も利用継続を決定しています。

         

DISCO 7月1日時点の就職活動調査/ エン・ジャパン 「オンライン就活」意識調査

また、実際に利用されている21卒・22卒学生を対象に印象調査を行ったところ、21卒学生の84.5%、22卒学生の70%がオンライン選考に賛成と、オンライン活用がマストであると言えます。

例年、対面形式の面接や選考が好まれるのにも関わらず、約半年で大きくオンライン化へと転じたことがわかりますが、なぜここまでオンライン化は普及したのでしょうか。

オンライン化の普及については現代学生の性質より読み解いていきます!

イマドキ学生の性質とは?

現代学生はZ世代(ソーシャルネイティブ世代)と呼ばれており、生まれたときにはすでにデジタル機器やインターネットの環境が普及していたことからWebを日常風景の一部として感じ取り、利用している世代といわれております。

このような背景から、デジタル機器を介したコミュニケーションや情報収集が得意であり、オンラインの環境を好むとされています。

その他にもZ世代には特徴がいくつかありますが、その中でも特に採用活動に大きくかかわってくるとされている特徴を3つピックアップいたしました。

① インターネットの達人

企業様の情報収集が対面からWEBに変化しており、採用HPの整い具合や企業評価サイトの評価で選考の継続や内定承諾を決定するとされています。

⇒この機会に採用HPを整えてみては!

②、③はセミナーにてご紹介いたします。

関連記事

今回は、多くの企業が採用ターゲットとしている20~30代のミレニアル世代の特徴と、今後採用ターゲットの中心となっていくZ世代の特徴についてまとめました。 ミレニアル世代やZ世代が何に関心を持ち行動をしているのか理解をして、自社の採用戦[…]

ミレニアル世代とZ世代違い、Z世代の採用手法

タイプ別動き出し、どの学生はいつ動いているのか!

   

こちらはZ世代の学生をさらに就活意欲と業界軸によって4タイプに分類し、それぞれの動き出しを表したものです。

それぞれの学生は特徴があり、アプローチ方法も変わってくるため、タイプごとに説明いたします!

A(用意周到タイプ)

<分類>

就活意欲:高い

業界軸:絞っている

動き出し・自己分析・業界研究全てが他タイプより早く、やりたいことやできることを理解していることから自分の入りたい会社に入れる。

<動き出し>

夏のISから参加しており、その後も秋・冬と参加していく。

2月中には一つ目の内々定を獲得し、6月中には内々定の中から選択するため長期戦になる。

忘れられない仕組みを作ることが重要!

B(こつこつタイプ)

C(やりがいタイプ)

D(省エネタイプ) 

についてもご興味ある方は、9月セミナーでお伝えしますのでぜひご参加ください!

<第二部>陥りがちな落とし穴と対策

タイプ別採用スケジュール

上記は、採用活動においてのスケジュールについての表となります。

動き出しによって、フォローの期間やクロージング(内定承諾)までに要する時間が異なってきますが、1部でお伝えした4タイプの学生についても、活動時期が異なることによって、出会える可能性が高い層も異なってきます。

スタート時期別 陥りがちがちな落とし穴

・ターゲット学生により異なる採用戦略・手法4タイプの学生への採用戦略・手法についてお伝えします。

動き出しの早い学生については、重要なポイントは2点です!

長期化を視野に入れたアプローチ
業界・企業への理解度が異なることを認識したフォロー

こちらの詳細についてはぜひセミナーをご視聴ください!

落とし穴にはまらないために!対策方法を解説!

脳内シェアの維持・獲得

アプローチを行っていく上で、“脳内シェア“の視点で考えることが非常に重要となってきます。

キャリアマートのセミナーでは何度かお伝えしておりますが、脳内シェアとは、学生の脳内をどれだけ自社が占められるか?という考えです。この視点から、長期フォロー型企業は、脳内シェアの「維持」短期決戦型の企業は、脳内シェアの「獲得」をしていく必要があります。

脳内シェアの維持・獲得するための具体的なアプローチは9月セミナーでご紹介いたします!

また、弊社では毎月セミナーを開催させていただいておりますので、ぜひご参加ください!

最新のセミナー開催情報はこちら

関連記事

2020年7月21日に「“新時代”の落とし穴・・・!?オンライン採用を生き抜くための“3つの鉄則”」というテーマでWebセミナーを実施し、当日は39社42名の企業様にご参加いただきました! 第一部はシーズアンドグロース 河本様、第二部[…]

オンラインインターンシップ・採用の成功法 戦略設計・見極め・魅力付け

学生を集めたい

イマドキ学生を4タイプに分類!タイプ別攻略法を徹底解剖!
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!