最近注目の「note」採用活動にも利用すべき?メリット・デメリット

noteシンプルなUXUIを武器に広まった、ブログ機能がメインのクリエイター向けSNSです。

2020年4月7日にサービス誕生から6周年となり、月間アクティブユーザー数は4400万人となりました。爆発的なユーザー拡大を背景に、noteを採用広報ツールとして利用する企業も急増しています。

今回は、採用ツールとしてnoteをどう活用すればいいのか?note導入事例もあわせてご紹介します。

 noteとは

誰でも簡単に、ブログ形式で情報発信ができるSNSです。アメブロやはてなブログよりも機能が少なくシンプル、広告枠もないので読みやすい点が特徴です。

noteは、直近1~2年でFacebookやTwitter、Instagramと肩を並べるほどユーザー数が急増しました。とくに企業の採用広報ツールとして法人利用者が増えた背景には、2019年から開始した「note pro for HR」というサービス誕生があります。

「note pro for HR」とは

社員全員がフルリモートのキャスター社と、noteが業務提携しリリースした、noteの採用広報向け有料サービスです。

noteは個人利用の場合、無料で利用できますが、proを選択すると独自ドメインの取得が可能になります。note pro for HRを利用すれば、月額35万円で採用広報コンテンツ作成代行も依頼することができます。

採用活動でnoteを使うメリット・デメリット

【メリット】

低コストで自社の情報を効率良く発信できる

1からHPを作る場合、数十万円~のコストがかかります。noteはメールアドレスさえあれば即日利用が可能です。ワードプレスやホームページビルダーを使いこなせなくても、文字さえ書ければ採用広報を行うことができます。

また、独自のホームページを1からつくると、サイトパワー(集客力)もゼロからになりますが、noteのプラットフォームを利用すれば4400万人のユーザーにダイレクトにアプローチすることができるのです。

 潜在的な転職者を狙える

一般的に、今就職・転職を考えている「顕在層」は、転職サイトや人材紹介会社をアクティブに利用しますが、転職を考えていない潜在層はなかなか転職市場に現れません。

noteは転職活動にアクティブなユーザーだけをターゲットにしていない分、中長期的に潜在層を囲い込み、自社のファンをつくる媒体として利用しやすいでしょう。

【デメッリト】

効果が分かりづらい

noteは直接的な応募を集めることは得意ではなく、中長期的に採用ブランディング・採用広報をするツールとして優れています。PVやいいね数でKPIを計ることはできますが、採用数を軸とした効果は感じづらい可能性が高いです。

 発信し続けることに人的コストがかかる

シンプルで使いやすい仕様ですが、noteで発信するテキストはご自身で書かなくてはなりません。Twitterの140文字であれば数分もかかりませんが、1つの記事をつくりこむ場合、人的コストがかかる点はデメリットと言えるでしょう。

導入している企業の事例紹介

ベーシック

#採用広報 と検索するとTOP3圏内に【全社でTwitterに取り組んだら、会社にとって良い影響が3つもあった話こちらの記事が上がってきます。noteの中で、いいね数が3桁というのはかなりエンゲージメントが高い方です。

2020年7月時点で58本のコンテンツをマガジン化、独自ドメインも取得、自社HPや採用サイトのリンクも整備されており、どのコンテンツも軒並みいいね数を2桁獲得しています。

株式会社ゴーリスト

コンテンツ数としては少ないですが、人材会社としてこだわり抜いたコンテンツ発信の結果、人材営業が採用できた事例です。1記事に1.6万文字を書く力は、なかなか強者でしょう。

キリンビール

フォロワー人数、驚異の1万人超え。#社会人1年目の私へ という参加型投稿コンテンツを駆使し話題となりました。キリンビールというビッグネームの影響はあるものの、短期間でファンを獲得し採用広報強化した良事例です。

株式会社note

note社のひとり人事、北上さんのnoteです。法人としてnote運用も良いですが、個人の名前で運用することで、より親しみやすさとリアリティが生まれます。実際、noteでは法人名アカウントよりも、人事名アカウントが目立ちます。

番外編「採用広報記事アイデア50選」

note利用で、どのようなネタを発信すればいいか、参考になるコンテンツです。

まとめ

 今回はnoteを活用した採用活動についてご紹介しました。noteは採用の即効性がないものの、採用広報・採用ブランディングとして活用しやすいプラットフォームです。

導入企業を参考にしながら、ぜひ今日からnoteをはじめてみましょう。

関連記事

いつもキャリブロをご覧いただき誠にありがとうございます! 早いもので8月も終わりですね。まだまだ残暑が厳しいですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。 今回の記事では、「なかなか求めている人材が集まらない」、「スカウトメールを送りた[…]

今話題のスカウトサービスiroots(アイルーツ)の特徴や口コミをご紹介!

学生を集めたい

最近話題の「note」採用活動にも利用すべきか?メリットデメリット
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!