人手不足の解消に効果抜群なシニア採用!導入事例とおすすめ求人サイトをご紹介!

少子高齢化の影響から若い世代の人材確保が難しくなり、人手不足で悩む企業の方も多いのではないでしょうか。そんな悩みを解決へと導いてくれる「シニア採用」は、多くの企業から関心を集めています。

今回は「シニア層を採用する上でのメリットや、実際にシニア層を採用した会社の事例など」をご紹介します。後半には、シニア層の人材を確保する際におすすめの求人サイトをピックアップしておりますので、参考にしてみてください。

シニア採用とは

シニア採用とは、定年を迎え退職した65歳以上の労働者を確保する採用手段のことです。

少子高齢化が進んでいることから65歳以上の人口がどんどん増え続けている日本。シニア採用は、現在多くの企業が注目しています。

なぜ今シニア採用なのか

シニア層の労働率が増加傾向

参照:総務省統計局「統計トピックスNo.103 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-」

表を見て分かるように、シニア層の就業者数は13年連続で増加し続けています。これは、人口の高齢者が占める割合と比例して増加傾向にあります。

これから、ますます高齢者が増えると推測されている日本での人材確保には、シニア世代の採用が鍵になるでしょう。

高い就労意欲を持っている

平成26年に内閣府が行った高齢者の就労希望年齢調査では、下記の結果となっています。

「働けるうちはいつまでも」が28.9%と最も高く、「65歳~80歳まで」の割合も含めると全部で71.9%となります。これにより、多くの高齢者が就労意欲を持ってることがわかります。

定年後も引き続き働きたいと思っているシニア層は多いため、企業側も積極的に採用していきたいですね。

シニア採用をするメリット

人手不足の改善になる

先ほども取り上げたように、子高齢化で若手の採用が難しくなる中、シニア世代の採用は人手不足の解消にも繋がります。また、人生経験の豊富なシニア世代が職場にいることで、困難やトラブルが起きたときなど、多様なアドバイスを得られるでしょう。

若手社員を育てることができる

シニア世代は今までに培った技術や知識を持っているため、若手社員の育成の力となります。また、社会人経験が豊富なシニア層が教育することで、身だしなみや作法など若い世代の見本となるでしょう。

経験や知識を培った人材を確保でき即戦力となる

シニア世代の方は、長年就労してきた経験からさまざまな知識や技術を習得しています。そのため、採用後すぐに即戦力として働くことができるでしょう。

シニア採用をおすすめする業界

接客や調理などの飲食

飲食業は、今まで専業主婦だった方でも知識や経験を活かすことができるため、主婦を含め未経験の方が比較的働き始めやすい業種だと言えます。飲食業界も人手不足が問題となっているため、シニア層の採用は業界の人手不足の一助となるでしょう。

警備

警備のお仕事は、歩行者や車両などの交通誘導がメインです。特別な資格も必要ないことからシニア世代に人気の業種となっています。警備の仕事は、現場の数も多く人材の確保が必要なため、シニア世代にもおすすめです。

事務

比較的体を動かさずに働くことができる事務のお仕事は、シニア層からも支持されている職種です。また、基本的に規則正しい時間で働ける事務業は、身体への負担が少なくシニア世代にとって働きやすい仕事と言えるでしょう。

シニア採用他社事例

今回は、株式会社すかいらーくホールディングスでの事例を挙げてご紹介します。

 【業種】 
すかいらーくグループでは、ガストやバーミヤンなどの飲食店を多数展開しています。アルバイトやパートが約10万人働いており、50代以上の中高年の方が多く活躍中です。

【取組み】
すかいらーくグループでは、2019年1月からアルバイトやパートの年齢上限を70歳から75歳へ引き上げました。現在65歳以上70歳未満で働いている方は、約1,000人在籍しており、健康上問題がない方はそのまま働き続けることができます。まだ働きたいというシニア層と人材を確保したい企業、両者にとってプラスの策略ですね。

また、公式ホームページでは、50歳以上の採用を募集する特集ページが組まれており、シニア世代が挑戦しやすい環境づくりを行っています。さらに、社会保険や有給取得制度の完備など待遇面が充実していることも、シニア世代を獲得するポイントになっているのかもしれません。

シニア層を採用したい企業におすすめの求人サイト

全国の求人を公開しているシニア層向けのサイト5つとそれぞれの特徴をご紹介します。

マイナビミドルシニア

大手求人サイトのマイナビの40代50代60代をターゲットにしているシニア向け求人サイトです。営業や事務職、介護などのサービス業等の仕事を幅広く紹介しています。

年齢や性別、アピール文を匿名で送ることができるノック機能があり、正式な応募を受ける前に相手のことを簡易的に知ることができます。ノック機能で欲しい人材だと思った場合には、こちらから応募者へ面接に来るよう促すことが可能です。応募者も匿名で気軽に送信できることから、採用のきっかけがさらに広がるでしょう。

シニアジョブ

50代以上の求人に特化したサイトで、70歳向けの求人も取り扱っています。医師や建築、介護など専門分野も広く掲載していることから、専門職に強いサイトです。

また、若い頃に一度同じ職種を経験している方(経験豊富なシニア)を紹介してもらうことができるので素早く即戦力が確保できます。

タウンワークシニア

ネットや紙面で求人情報を紹介しているリクルート運営のタウンワーク。

CMや無料冊子で見かける機会の多いタウンワークは、シニア世代も知っている方は多いはず。知名度が高いため閲覧する人も多く、大勢の人の目に触れる機会を作れるでしょう。

インディード

若者層からシニア層まで幅広く求人掲載しているインディード。

ほかのサイトと異なる点は、求人掲載から採用まで無料で行えることです。掲載されている求人量が多いため、より求職者の目にとまるためにスポンサー求人という有料オプションもあります。費用を押さえて求人を掲載したいという場合は、おすすめのサイトです。

はた楽 求人ナビ

中高年・シニア採用に特化した求人情報サイト。

はた楽求人ナビは、アグリゲーション型の求人サイトとして、提携メディアからの求人情報提供を行っています。また、「座って仕事ができる」、「接客がない」、「自転車で通える仕事」など、従来の検索サービスにはない機能も備わっているところが特です。

まとめ

シニア層の人材獲得は、企業にとってさまざまなメリットをもたらします。

今後も就労意欲の高いシニア世代の増加が予想されるため、今のうちから積極的に取り入れていくことが、企業の人手不足の解消へと繋がるでしょう。

関連記事

「働きたい!」と思う主婦やママたちはたくさんいるものの、なかなか一歩踏み出せないケースが多いのも事実。彼女たちが活躍するためには、家庭内でのサポートはもちろん企業側の協力体制も必要となります。 仕事をする上での不安に寄り添い解消してい[…]

主婦採用・ママ採用のメリットとは?応募を増やすためのポイントを解説