採用代行をフリーランス人事に依頼!?メリット・デメリット

採用代行をフリーランス人事に依頼!?メリット・デメリット

みなさん採用代行と聞くと、法人への依頼が頭に浮かびませんか?

法人で採用代行を行っている企業が多くある一方で、フリーランスで採用代行を行ってる人も存在します。

そこで今回は、今注目を集めているフリーランス人事についてメリットや信憑性、おすすめの依頼方法などを解説していきます。

フリーランス人事とは

では、まずフリーランス人事とはいったいどのような人か解説をしていきます。

フリーランス人事は、1つの企業で人事を行うのではなく、業務委託を受け複数の企業で採用活動を行う人たちのことを意味します。

そのため複数の企業での採用実績があるので、各業界での採用方法やノウハウ、多くの情報を持っているのが特徴です。

法人の採用代行とフリーランス人事の違い

採用を外注するという点から見ると、採用代行とフリーランス人事は一見同じではないかと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし採用代行とフリーランス人事には大きな違いが存在します。

法人の採用代行とフリーランス人事の違い

法人の採用代行は、その企業に属した正社員の担当が採用代行をしてくれますが、フリーランス人事の場合法人に属しておらず、個人で採用代行を行っています。

このように法人の採用代行とフリーランス人事とでは、会社単位か個人単位かという決定的な違いがあります。

採用代行業務をフリーランスに依頼するメリット

では実際、フリーランス人事に依頼するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

優秀な担当を選べる

法人の採用代行を利用する際は、自身で担当を指名するのが難しいですが、フリーランス人事の場合は個人単位で指名することができます。

そのため、その人がどれほどのスキルや能力があるのかなど、実績ベースで担当者を選ぶことができます。

柔軟な対応が可能である

フリーランスの場合、自社に常駐してもらったり、急な業務が発生しても対応してくれるなど、柔軟性の高さがあげられます。

そのため、採用活動における業務を通し、担当者とのコミュニケーションを円滑に取ることができるメリットもあります。

コストを抑えることができる

上記のようにフリーランス人事は柔軟性が高いため、必要な期間に決まった業務をピンポイントで委託することができます。

そのためパッケージ化されたサービスがメインの法人の採用代行と比べ、フリーランス人事の方が必要なサービスだけを依頼できるので、コストの削減にも繋がります。

フリーランスに依頼して大丈夫?依頼時の注意点

一方で、個人単位で稼働しているフリーランス人事に大事な採用業務を任せることに対して、不安がある人もいるのではないでしょうか?

そのような場合は、以下の注意点を意識してフリーランス人事を探してみてください。

相手の実績を確認する

まず最初に、実績の確認はマストと言えます。

フリーランス歴の長さや成功実績、取引件数などを参考に、信頼して業務を託せられるかどうか判断してください。

レスポンスの早さを確認する

個人単位で動いているフリーランスの中には、必要なときにすぐ連絡が帰ってこない人も存在します。

そのため、連絡手段やツール、相手が対応可能な時間帯は事前に把握しておく方が良いでしょう。

相場より極端に安くないか確認する

フリーランスの場合、自分が商品のため価格設定は人によって大きく異なります。

一概に安い料金で代行を行っている人たち全てが悪いとは言いませんが、極端に相場よりコストが安い場合は注意が必要です。

フリーランスの人事に求めるべきスキル

実際にフリーランス人事に依頼する際、どのようなことを求めることできるのでしょうか。

フリーランス人事には、主に以下の3点のスキルを求めることができます。

採用計画の立案能力

まず最初に求めるスキルは、具体的な採用計画の立案です。

いつまでに、どんな人材が何人欲しいかなど、各企業には採用活動におけるKPIがあるでしょう。

そのKPIを逆算し、どのように採用活動を実施するか、具体的な戦略の立案はフリーランス人事のサポート範囲です。

採用活動におけるマーケティング能力

実際に採用業務を依頼した後は、良い人材を採用するため、市場のマーケティングや応募者たちの傾向など、様々な情報を仕入れる必要があります。

それらの情報収集なども、フリーランス人事に依頼することで、自社の人事部の業務を大きく減らすことができます。

応募者の管理能力

実際に応募が入った後は、各応募者の面接日程の調整など、スケジュールの管理を行わなければなりません。

また、応募者たちと連絡を取り合い、今後の選考を案内することもフリーランス人事の業務範囲です。

フリーランスに採用代行を依頼した際の費用・料金

実際にフリーランス人事に依頼をしようと思った際、どれくらいのコストが必要か気になるでしょう。

フリーランス人事の料金相場は以下の通りです。

フリーランス人事の依頼料金相場

前提としてフリーランス人事は個人単位で稼働しているため、人によって料金の設定は大きく異なります。

そんな中でも一般的には、月額20~30万円あたりが相場となっています。

ただ依頼内容や対応範囲によっては、コストも変動するので注意が必要です。

法人の採用代行に依頼した場合とのコスト比較

フリーランス人事を検討している人の中で、法人とフリーランスではどれほどコストに差があるのか、気になる人も多くいるでしょう。

法人の採用代行も企業によって異なりますが、相場としては約50万円前後です。

そのため結論的には、フリーランス人事を上手く活用した場合は、法人の採用代行と比べてコストを約半分に抑えることができます。

関連記事

このようなお悩みをお持ちの方におすすめの記事です。 採用活動がうまくいっていない 採用業務を外注に依頼したい 採用アウトソーシングを導入したいが費用相場がわからない 本記事では、「採用アウトソーシングにかかる費用[…]

採用代行会社、採用アウトソーシングサービス料金費用相場まとめ

フリーランス人事マッチングサービス 8選

実際にフリーランス人事に依頼をしたいとなった時、どのように探せばよいのでしょうか?

この章ではフリーランス人事を探すことができる、マッチングサービスをいくつか解説していきます。

corner works

coner works

2020年にリリースされたcorner worksは、プロの人事を探すためのマッチングサイトです。

人事に特化したマッチングサイトのため、質が高いフリーランス人事を探している企業へおすすめできるマッチングサービスの一つと言えます。

人事プロパートナーズ

人事プロパートナーズ

こちらも同じく、人事に特化したマッチングサービスで、質の高い人事の登録が多いことが特徴です。

特にIT関連の知識が豊富な人が多いため、採用システムなどを活用している企業とは相性が良いでしょう。

Warisプロフェッショナル

Warisプロフェッショナル

駆け出しのフリーランスから支持を集めているWarisプロフェッショナルは、上記の2つに比べ、登録人材のレベルがやや低い傾向があります。

しか、駆け出しのフリーランスが多いからこそ、他と比較して費用が安く、採用コストの削減にも繋げることができます。

Workship(ワークシップ)

Workship

ワークシップは、週3日以上働けるフリーランス向けのマッチングサービスです。

そのため、1週間の稼働時間が長い人材の登録が多数あるため、多くの採用業務を委託したい企業におすすめできるマッチングサービスです。

クラウドワークス

クラウトワークス

クラウドソーシングの大手であるクラウドワークスは、人事を含め多くのフリーランス人材の登録があります。

登録人数が多く、より自社に合ったフリーランス人事を探すことができるため、依頼先をしっかり選定したい企業はクラウドワークスを利用すると良いでしょう。

ランサーズ

ランサーズ

クラウドワークスに次ぐクラウドソーシングサイトとして有名なランサーズも、非常に多くのフリーランス人材の登録があります。

そのためクラウドワークスを利用してフリーランス人事を探したものの、条件の合う人材が見つからない場合、一度ランサーズから人材を探してみると良いでしょう。

コトラプロ

コトラプロ

様々な分野で特化したスキルを持つ人材の登録が多いコトラプロには、スキルの高いフリーランス人事の登録が非常に多いです。

フリーランスに依頼をしたいが、ある程度知識やスキルを求めている企業にとって、コトラプロの人材は相性が良いと言えます。

スタッフサービス

スタッフサービス

数あるマッチングサービスの中で、スタッフサービスは人事職の募集件数が業界トップクラスです。

そのためフリーランスで人事を行いたい人の登録が多いので、複数人のフリーランスを比較検討して依頼を決めたい企業は、一度スタッフサービスの登録人材をチェックしてみてください。

まとめ

働き方が多様化するにつれ、現在ではフリーランスとして独立する人や、副業でフリーランスを行っている人など様々な働き方が存在します。

少し前ではライターやプログラマーなどが主流であったフリーランスも、現在では人事や採用支援などをメインで行う人材も増えてきています。

そのため多くの企業が法人の採用代行だけではなく、フリーランス人事へ採用代行を依頼し採用活動を行っています。

ただどうしても、個人単位で稼働しているフリーランスとなると、不安や信憑性の部分から依頼に踏み切ることを躊躇してしまう人事もいることでしょう。

フリーランスへの依頼を迷っている人事はこの記事を参考にして、フリーランス人事への依頼する際の注意やメリットなどを確認し、今後の採用活動に役立ててください。

関連記事

日本では少子高齢化の影響が問われて久しいです。 厚生労働省のホームページには日本人の人口推移に関する調査結果があります。 この調査によると日本の人口は15年前にピークを迎えており、現在は人口減少局面に入っていて、今から10年後の[…]

採用アウトソーシング・採用代行(RPO)会社比較(おすすめ12社紹介付き)

OSCTA

採用代行をフリーランス人事に依頼!?メリット・デメリット
フォローして毎日記事をチェック!