【LINE×ATS】LINE連携できる!おすすめの採用管理システム10選

人材採用が非常に激化している今、多くの企業では従来の求人サイトだけでは採用活動を成功させることは難しくなっています。近年では、より採用活動の効率化を図るため、様々な企業で採用管理システムの導入が進んでいます。

しかし、実際に採用管理システムの導入のを検討している企業でも、具体的な仕組みや、システムの種類など、気になる点は多いのではないのでしょうか。

そこで今回は、「国内で多くのユーザーを抱えるメッセージアプリ、LINEと採用管理システムの連動について」徹底解説を行っていきます。

採用管理システムとは

そもそも採用管理システムとは、一体どのようなシステムなのでしょうか。

一言で表すと、採用管理システムとは、採用業務において様々なプロセスや情報を一括管理し、業務効率を上げるシステムです。現在の採用手法としては、エージェントの利用や求人広告の掲載・単独会社説明会・コーポレートサイトからの応募など、多様化しています。

それらも情報を一括で管理し、徹底的な応募者フォローなどを行うことで、選考途中での離脱や歩留まりの原因を解消できます。

中でも最近では、国内に8,600万人のアクティブユーザーを抱えるLINEとの連携が大きな注目を集めています。

関連記事

人材採用が年々難しくなる現代、様々なHRtechサービスが展開されています。またその中でも特に近年注目を集めているのが、採用管理システムです。現在多くの企業で導入され、人事の採用活動を助ける強い味方となっています。(HRtechとは、人事や[…]

新卒採用におすすめ『採用管理システム』料金&特徴比較!8選!

LINE連携できる採用管理システムの仕組み

次に把握しておかなければならないことが、採用管理システムとLINEの連携についてです。現在多くの採用管理システムがLINEと連携しているため、採用管理システム上での作業を効率良くLINEを通して行うことができます。

企業によっては複数のシステムを利用しているケースがあり、それぞれのシステムの管理に大きな時間が取られますが、LINEと連携することで、以下のようなメリットが生まれます。

トークで応募者とメッセージができる

大きな特徴として、LINEと連携することによって、応募者とトークで連絡を取ることができます。現在多くの人は従来のスタイルから変化し、連絡を取る際に電話やメールよりも圧倒的にLINEを使用します。

そのためLINEで連絡を取ることにより、スピーディーな対応や応募者への負担の軽減など多くのメリットがあり、最終的に歩留を減らすことに繋がります。

情報を一括管理できる

また多くの応募者の情報を一括で管理できることも、非常に魅力的なポイントです。

人気のある企業や職種の場合、毎週多くの応募などがあり、応募者の情報管理に追われる人事も少なくありません。それらの情報を一括で管理し、ひとりひとりの応募者に対して適切なアプローチをすることで、優秀な人材の採用へつながる確率も上がると言えるでしょう。

セミナーやイベントなどの情報発信ができる

LINEと採用管理システムを連携することで、応募者とLINEを通じてつながることができます。その結果、説明会やセミナーなどのイベント情報をタイムラインへ投稿することで、1つの作業で多くの人へアプローチすることが可能です。

また従来の手法だと、一斉メールやDMなどで告知をしていましたが、利用頻度の高いLINEを使用することで、より多くの人材の目に止まる効果が期待できます。

LINE連携可能な採用管理システムの種類

では実際に、LINEと連携する採用管理システムにはどのような種類があるのでしょうか。ここでは作業効率化とコミュニケーションの2つに分け、それぞれの側面を解説していきます。

「業務効率化」重視で選ぶ

まず最初に解説をするのが、業務効率化についてです。

応募情報の管理や面接の日取りなど、採用活動をする際は多くの業務が発生します。また応募者からの興味が薄れないよう、随時情報の発信などのアピールも大切になってきます。

このように、採用活動において多くのプロセスや業務が発生する企業の場合、LINEと採用管理ステムを連携することで、業務の効率化を図ることができ、より短時間で作業を終わらせることができるでしょう。

「コミュニケーション」重視で選ぶ

選考過程での離脱などの歩留まりが多い企業は、コミュニケーション重視で連携するシステムを選ぶと良いでしょう。現代の多くの人は電話やメールよりも圧倒的にLINEを利用しています。

そのため、いつも歩留まりが発生する企業の場合、コミュニケーション機能に重点を置き、応募者からの連絡や質問に対して、自動応答してくれる機能などを活用することをおすすめします。

そうすることで、応募者との連絡がスムーズに行うことができ、選考途中で不便さを感じたり、熱量が冷めてしまい離脱していく人を減らすことも可能になります。

なぜ採用管理システムはLINEと連携するのか?

結論から言うと、国内のユーザー数の増加や流行りという点から、多くの採用管理システムがLINEと連携を図っています。もはや生活のインフラの一部となりかけているLINEですが、今ではただのメッセージアプリの領域を超え、様々なサービスを展開しています。

そのため最も多くのユーザーがいるアプリと連携することで、必然的にアプローチできる人数も増え、採用活動を簡略化する狙いもあります。

このようにデジタルの発展や、流行の移り変わりによって、各採用管理システムが連携先を選定し、現在ではLINEと提携するサービスが大きく増えているのが現状です。

LINE連携ができる採用管理システム おすすめ10選

それでは最後に、LIENと連携ができる採用管理システムのお勧めを編集部でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

採用一括かんりくん

採用一括かんりくんでは、応募者の分析なども行うことができ、母集団の形成方法や、応募者の特徴などを元に、適切な対策方法が可視化される機能も備えています。

またオプションの組み合わせが豊富で、必要な機能だけ選択して利用できる点も魅力の一つです。

MOCHICA

MOCHICAは管理画面やダッシュボードがシンプルで、直感的に使うことができる利用しやすいサービスです。

LINEチャットボット機能を搭載しているため、セミナーなどの日程を自動で調整してくれます。様々な工数を削減できる機能が備わっているため、作業効率を上げたい人事には非常におすすめの採用管理システムとなっています。

i-web

i-webは、導入シェア率No.1の採用管理システムで非常に知名度が高いことが特徴です。i-webの最大の魅力は、実績の豊富さで多くの企業が導入しており、信頼のおけるデータを多く取り揃えています。

また業界で唯一大手就職サイトであるリクナビとの連携があるため、初めての使用管理システムの導入で失敗したくない人事などには、非常に向いているシステムと言えます。

関連記事

現在はインターネットを使った就職活動や採用活動が広まっており、素早く多くの情報が得られます。しかし、情報の管理が大変で、上手に活用しきれていない企業も多くあるようです。 そこで今回は、「10年連続No.1の導入実績を誇る、新卒採用管理[…]

i-webとは?業界シェアNo.1の採用管理システムで欲しい人材をゲット!

AOL(ACCESS ON LINE)

AOLは各種設定自由度が高く、使いやすさも抜群のため人事からも高い評価を得ています。

またAOLではセキュリティシステムにも力を入れ対策をしているため、近年情報管理が厳しい企業などで導入が増えています。

SONER ATS

SONER ATSは作業効率の上昇を非常に大切しており、人事の作業負担を減らすことに特化した採用管理システムです。

情報の一元化や自動化、可視化を行い、様々な工程をデジタル化で行うことができるため、人事部の人数が少ない企業や、応募人数が多い企業にとっては強い味方になるシステムと言えるでしょう。

ジョブカン採用管理

2020年に豪華な有名人をキャスティングし、大きくプロモーションを行ったことでさらに注目を浴びているシステムがこのジョブカン採用管理です。

新卒・中途・アルバイトといった、全ての採用領域を一括で管理できるシステムのため、雇用体系を問わず、通年大量募集を行っている企業とは非常に相性の良いシステムの一つとなっています。

next≫

next≫では全てのコミュニケーションをLINEで行うシステムのため、現代の学生や若者に対して相性の良いシステムとなっています。

DMやメールなどといった従来のスタイルから一変し、LINEでスピーディーな連絡を取ることができるため、応募者とのコミュニケーションを大切にしたい企業から大きな支持を集めているシステムです。

キャリタスContact

キャリタスContactもコミュニケーションに特化したシステムの一つです。

このシステムはメッセージの自動応答などに加え、学生の属性に合わせたリッチメニューの切り替えなども行えるため、より学生に合わせたアプローチが可能になっています。

Reworks Cloud

Reworks Cloudは従来のメールのようにLINEの設定などを行えることなどから、新たなスタイルと従来のスタイルをうまく融合させたシステムになっています。

またフローチャートを活用し選考を可視化できるシステムも備わっているため、明確な選考フローを管理できることから、使い勝手が良く評判が高いシステムとなっています。

HR PRIME

HR PRIMEはLINEとの連携ももちろんですが、他システムとの連携も取ることができるため、複数のシステムを導入している企業と非常に相性が良いシステムとなっています。

また学生の情報なども一括管理できるため、新卒採用で多くの学生から応募が来る企業が導入している傾向にあります。

まとめ

前述通り、市場の変化に伴い従来の採用スタイルだけでは、優秀な人材を獲得することが困難になっています。

そこで多くの企業が採用システムとLINEを上手く活用し、採用スタイルを大きく変え、時代の流れに合わせた採用活動を行っています。またその流れに合わせ、これから採用管理システムを導入しようと検討している企業は多いのではないでしょうか。

そこでこれから導入を検討している人事の方々は、是非この記事を参考にして、自社に最も合う採用管理システムを導入し、優秀な人材の採用を成功させてください。

関連記事

2019年に総務省が発表した「平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」で注目すべきデーターがあります。具体的には20代のSNS利用率ランキングが発表されています。結果は以下の通りです。 第1位 LINE(98.[…]

LINE公式アカウント導入メリット・手順・料金・注意点

採用戦略を見直したい