「ホワイト企業大賞」受賞社に学ぶ、採用へのヒントとは?

「ブラック企業」という言葉が世間にすっかり定着した一方で、逆となる「ホワイト企業」という言葉も注目され始めています。さらに「ホワイト企業大賞」なるものが開催されている事をご存知でしょうか?

こちらは社員の幸せと働きがい、社会貢献を大切にしているかどうかを評価基準に、大賞・特別賞・推進賞を選定・公表しています。

「ホワイト企業大賞」をとった企業の事例

◆◇“自由すぎる経営!?”「ダイヤモンドメディア株式会社」◇◆

今年大賞を受賞した2007年設立、不動産業界のITベンチャー企業です。受賞理由となったのが、斬新な経営手法でした。その例をいくつかあげますと…

“自分の給料は自分で決める”

“全社員の給料と財務情報は全部オープン”

“肩書は自分で決める”

“働く時間、場所、休みは自分で決める”

“代表、役員は選挙で決める”

確かに斬新ですが、自由すぎでは!?とまず思う方も多いと思います。そこにはこんな理由がありました。

情報の透明性へのこだわり

財務情報から会社の預金残高、全社員の給料、経費の内訳まで、PC上で誰でも見られる状態にしてあるのです。情報の透明化は組織の健全性そのもの、という考えからこのようにしているといいます。

特に全社員の給料公開というのは格差が分かり不満が出る恐れもありそうですが、そうならないのは「給料の決め方」にあるといいます。

社員全員で給料を決める会議

社長や人事が決めるのではなく、社員全員で決めているのです。これはトップダウンの給与制度ですと、社員が評価される仕事しかしなくなり、周りの仕事を手伝わなくなる、という考えから来ているそうです。

“全員で決める”とはどうやるかと言いますと…

独自の“相場”で給料を決定

まず年齢・経歴等でベースとなる【基本給+手当】があります。新卒社員で23万円程度、25歳社員で25~28万円程度です。

加えて【実力給】が支給されるのですが、これを会議で決めます。決め方として使われるのが株式市場のような“相場”です。この“相場”は2つあります。

 

① マーケット相場

労働市場でその社員がどれだけ価値があるか示すものです。
例えば「その仕事をアウトソースしたらいくらかかるか?」や、「同じ能力の人材を同業他社が雇う場合、どの程度給与を支払うか?」といった客観的情報から精査します。

 

 

②社内相場

社内の人間がその社員の能力や価値をどの程度買っているのか?という感覚値を重視します。
「チームと仲間への貢献度」
「会社の仕組みへの貢献度」など
社員の声がより給料に反映されるものとなっています。

逆に売り上げなど目に見える結果は重視しません。
社内に売上額が高い営業社員がいても、強引な営業手段だった場合は会社の価値が下がります。
そのため、新規受注で売上を立てるより、既存顧客のフォローのほうが大事な局面であれば、売上額が出ていなくても顧客満足度が高ければ給与は上がります。

こういった社外での価値と社内での価値を照らし合わせて実力給を決めているそうです。

社員によって実力給は3万~40万円と大幅に違ってくるそうですが、全員で徹底的に話し合う為、納得できるのだそうです。

 

求職者にとって、ブラック企業・ホワイト企業への意識は強くなっていて就職サイトや自社HP以外にも口コミサイトまで見て企業研究を入念にする人が増えています。

こういった事例をすぐ実行するのは難しいですが、“透明性の意識”など考え方をご参考にして頂ければと思います。

 

以上、キャリブロがお届けしました!

次回もお楽しみに、、、!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
キャリアマートのサービスである無料コンサルティングの

申し込みURLです。お気軽にどうぞ!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

OSCTA

「ホワイト企業大賞」受賞社に学ぶ、採用へのヒントとは?
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!