one-world-trade-1500x1000

売り手市場で考える圧迫面接!

超売り手市場の17採用において、圧迫面接を行う企業についてまとめました!

 

 

学生は超売り手市場、企業側は人員確保に躍起になるなかで、
学生に厳しく接する圧迫面接を行う企業はどういった目的・影響があるんでしょうか。

 

 


なぜ圧迫面接なのか?

 

 

圧迫面接を行う理由は以下の通りです。

 

★顧客や消費者からの理不尽な意見や問い合わせにも冷静に受け答え出来うる人材かを見極めるため。
★ビジネスに必要なストレス耐性があるかを見極めるため。

 

企業側からすると、お金を払い学校に通ういわば消費者である学生が、外からの理不尽な言動に対処できるかは採用の大きなポイントとなります。

 

一方で、圧迫面接があるとの噂を見聞きした時点で27.9%の学生が絶対に就職しない(選考・内定を辞退)というデータがあります。

 

 

圧迫面接は、当然ながら学生からは敬遠されていると言えます。
それでは、ストレス耐性は圧迫面接をするしか見極められないのでしょうか?

 

もちろん、圧迫面接以外にも方法はあります。

具体的には、以下のような手段です。

 

☆心理テストや適性検査のツールを用いることで、行動特性を数値化することができる
☆柔軟性等の顧客対応スキルについても、採用後の新人研修等で習得させることができる

 

入社前には、心理テストや適性検査でストレス耐性などを数値化でき、採用後は研修で習得することができます。


 

 

学生=消費者

 

また、SNSの発達により、誰でも簡単に情報を発信できる世の中になりました。

 

その分、就職活動におけるマイナスイメージが企業経営に影響を及ぼす事例も報告されています。
就活生も消費者であり、採用活動で理不尽な対応を受ければ、
今後その企業のサービスは受けずにSNSでネガティヴな情報を発信することも考えられます。

 

 

企業側は、自社の戦力となりうる人物を採用することはもちろんですが、学生側に立った採用活動も考えてみる必要があると思われます。

 

今回使用した記事は以下の通りです。

 

圧迫面接が企業経営を「圧迫」する理由。

 

火曜日担当の斉藤でした!
また次回もお願いいたします!

 

 

適性検査や、研修ツールについても是非弊社にご相談ください。

 

キャリアマートノウハウセミナー

 

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

新卒採用支援、新卒採用アウトソーシング(新卒採用代行)ならキャリアマート
無料コンサルティングから採用業務の代行まで、キャリアマートにご相談下さい

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

Comments are closed.