ピクセル

そんなに重要なんだ!?最適な会社説明会の開催時間とは?

いつもキャリブロをご覧いただきありがとうございます。

今回のテーマは、『説明会に最適な開催時間』についてです。

 

新卒採用を行う上で、避けて通ることのできない「説明会」。

開催するにあたり、企業様が重要視されているのは

 

・内容

・日程

・開催場所

 

などです。

 

しかし!

上記3点以外にも重要なことがあるのです。

 

それは、意外に見落としがちな「説明会の開催時間」です!!

 

その時間によって学生が参加しやすい・参加しづらいがあること、

ご存知でしたか?

 

学生が興味をもちそうな内容にする!

日程を増やす!

なるべく交通が便利な場所を選ぶ!

 

それにプラスして「学生が参加しやすい時間帯」に説明会を開催することで、

参加率・予約数は格段に増えるかもしれません!

 

その後のエントリーにも関わってくると思うと非常に重要なことなのです。

 

そこで今回は。

学生が説明会に参加しやすいスケジュールについて考え方をご紹介させていただきたいと思います!

 

一体、“何時頃にどんな理由”があるのでしょうか。

早速見ていきましょう。

 

 

1.  開催は “午後” がおすすめ!

 

企業によって、午前・午後でそれぞれ開催していると思いますが、

比率はどちらの方が多いでしょうか?

 

というのも。

学生は午前中、学校の必須授業や研究室での作業などで予定が埋まっていることが多いため、

比較的午後の枠を多めに設けておくと想定以上に参加者が集まることが多いといいます!

 

 

マイナビ学生就職モニター調査によると、最も参加しやすい時間帯は以下の通りでした!

 

<文系男子>

13時台:74.7%

14時台:78.8%

15時台:71.1%

 

<文系女子>

13時台:78.6%

14時台:86.5%

15時台:79.1%

 

<理系男子> ※研究室に行かない日

13時台:73.1%

14時台:77.1%

15時台:75.3%

 

<理系女子> ※研究室に行かない日

13時台:77.6%

14時台:84.5%

15時台:78.8%

 

皆さん、お気づきでしょうか?

 

文系・理系も、男子・女子も問わず

13時~15時は70%以上が「参加しやすい!」と回答しているのです!!

 

特に14時台は、女子学生の割合が非常に高い結果となりました。

 

一方で男子学生はというと、

9時台と17時以降の割合が意外と高いことも分かっています!

 

こういった、

文系・理系や男女別など狙いたいターゲットに照準を合わせて

開催する時間帯を決めてみるのも、母集団形成において重要なことです。

 

試してみる価値は存分にありますね!

 

 

 

2.  他のスケジュールを考慮した時間設定をする。

 

就活中の学生はとても忙しく、

午前中だけではなく午後も他の予定が入っていることがあります。

 

そのため、そういったことも考慮した時間設定をしてあげることで

学生側はとても予定が立てやすくなります。

 

例えば・・・

 

・午前開催であれば ⇒ 終了時間は12時前にする。

・昼食ピークと移動時間を考えて

⇒ 13時開始ではなく、あえて13時30分開始にする。

 

など。

 

ある1人の学生が。

既にその日の午後に他の予定を入れてしまった後に、貴社の午前開催の説明会に興味をもったとします!

“すごく急げば次の予定に間に合わないこともないけど、12時までに終わるか分からないのは微妙だな・・・”

 

というように、

先約の予定を考えてしまうことで午前の説明会参加を躊躇してしまう学生もいるかもしれません。

そんなのもったいないですよね?

 

なので、

午前開催の場合は、11時30分を終了時間に設定するのが理想だと考えます。

その後の個人的な質疑応答や、アンケート記入なども考慮した余裕をもった時間設定です。

 

考えたことがなかった!という担当者さまは、実施してみると参加率にも変化が出てくるかもしれませんよ!

 

もちろん、説明会はせっかく学生が集まる機会ですので自社の魅力をたくさんアピールしたいところではあります。

 

ですが、長ければよいというものでもありません!

 

集中力が続く一定の時間内で、確実に自社アピールができるように。

そう考えると、時間だけではなく内容も今一度見直す機会になりそうですね!

 

 

⇒ キャリアマートへのお問い合わせはこちら!

 

 

 

 

3.  選考を含むなら、やはり午後の方が良い!

 

採用活動も終盤になってくると

採用フロー短縮などの関係で、”説明会の後に一次選考まで!”

という企業も増えてくるかと思います。

 

特に秋採用の時期になると選考期間が非常にタイトなため、

選考を含めた説明会を実施する企業も多いです!

 

そこで考えるべきは、「選考にかかる時間も考慮して開催すべき」!

ということです。

 

中でも、筆記試験などは大体1時間はかかることが通常です。

それを午前中に実施しようとすると会社の説明時間をそれだけ短くしなければなりません。

 

さらに、前述で話したように終了時間が12時を過ぎることも避けたほうがいいです。

 

その場合は、やはり開催を午後にしてみることをおすすめします。

午後なら、終了時間を多少遅く設定しても参加できる学生は多いのではないでしょうか。

会社説明の時間も必要以上に短くすることなく開催できると思います!

 

しかし、どうしても午前中開催は譲れない!という場合には、

その後の選考を「希望者のみ」としてみるのもいいかもしれませんね!

 

説明会予約の時点で、

 

”ちょっと説明は聞いてみたいけど、筆記試験を受けるほどでもない、それに時間もない”

 

といった学生も少なからずいるはずです。

 

そういった学生に対しては、

自社の魅力を知ってもらう!という目的でまずは足を運んでもらうことを考えましょう。

 

もちろん1人でも選考に進んでくれることが望ましいです。

しかし。

「希望者のみ」という、ある意味で参加のハードルを下げてみて、

あとは内容で勝負して選考進出を狙う!なんてのもアリなのではないでしょうか。

 

学生事情の考慮には程度の難しさもありますが、

新卒採用において説明会集客は避けては通れません!

 

是非、時間帯でのターゲット狙いや秋採用などの時期狙いなんかも取り入れて

1回1回を目的且つ実りある開催にしていきましょう!!

 

宜しければ、こちらもご覧ください!

⇒ 【説明会予約数をアップさせたい!】そこに新卒採用アウトソーシング(PRO)を組み合わせるメリットとは!?

 

 

【まとめ】~おまけにもう1つ!~

 

以上、『説明会に最適な開催時間』についてお届けしてきました。

 

最後に、ちょっとしたおまけ情報です。

 

上記では、参加しやすい時間帯をお話しましたが、

同マイナビ調査から分かった「参加しやすい曜日」は・・・

 

圧倒的に土日が多い!という結果だったようです。(文理・男女問わず!)

 

やっぱりねー。とお思いの担当者さまもいらっしゃるかと思います。

企業のお休みの日はそれぞれだと思うので、

こちらに関しては情報提供のみにとどめさせていただきます。

 

 

では!また読みにきてくださいね。

次回もお楽しみに!!

 

⇒ お問い合わせはこちら!いつでもご相談お待ちしております。

 

<参考> マイナビ学生調査

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

>>>【無料】採用に役立つお役立ち資料ダウンロードページはコチラから!

 

~【全23種類・無料】資料内容~
■2020卒・就職サイト登録学生数比較!リクナビ・マイナビ<2018年7月更新>
■インターンシップ事例集
■内定承諾を勝ち取る施策一覧!
■適性検査(CPAG)詳細資料~低予算で導入が可能!~
■RPA採用ロボット事例集

など全23種類が無料でご覧いただけます!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

Comments are closed.