転職イベント・転職フェアまとめ&比較!参加する求職者の動きとは!?

この度キャリアマートでは新卒採用支援に加え、中途採用支援にもこれまで以上に力をいれることになりました。
もちろん、今までの採用支援ノウハウを存分に活かし、中途採用においてもニーズに合ったお力添えをしていきたいと考えております!

そんな今回は表題の通り、転職イベント・転職フェアについてご紹介させて頂きます!

転職イベント・フェアとは

転職イベントの基礎知識

皆様は転職イベント・転職フェアと聞いてどんなイメージをされますか?

マイナビ転職フェア様子<写真出典:マイナビ転職より>

ズバリ、転職イベントとは!!「企業の合同説明会」です。

おそらく多くの人がイメージした通りの内容ですよね。笑
何より「合同」ということが一番の魅力ではないかと思います。

普段、一堂に会し様々な企業に触れる機会はなかなかないかと思います。

転職イベントには各イベントごと特徴や強みがある

後ほどご紹介致しますが、転職イベントと言っても様々あり、それぞれ特徴や強みがあります。
その特徴にマッチするようなイベントへの参加は求職者様のとっても求人企業様においても、どちらにもメリットになるのではないかと思います。

また、求人企業様にとって求職者様の行動心理や転職フェアを利用するニーズなどを理解することで、より効果的に採用活動を行えるのではないかと考えております。

次の項では、そんな求職者の動向にスポットを当ててみたいと思います。

転職イベントに参加する求職者の動きとは?

転職者がまず頼るのは「転職サイト」

実は、私もキャリアマートには中途での転職にて入社致しました。
ですので、実際に自分が転職活動を通して感じたことを主に書かせて頂きます。

まず、転職を決めてから感じたことは「何をどうすれば」という思いです。
私事では御座いますが、就活というものを経験しておらず、どのようなプロセスを通じて就職、転職するのかを知らないところから始まりました。
そこで頼ったのは【転職サイト】でした。
特に何がしたいというのもなく、ひたすら転職サイトを眺めていました。

それでも分からないことも多く、また前職に在職中の転職活動だったため、時間もあまりありませんでした。
そんな時に転職フェアに参加してみたのです!

転職フェアは一度に多くの企業と出会える有意義な場だった!

時間がないので、多くの面接などにも行けなかった中、一日で多くの企業の情報に触れられ、さらに人事の方のお話を直接聞ける機会はとても貴重でした。
一か月ぐらい何をしていいか分からず、ひたすらサイトを眺めていた自分にとってその1日はとても貴重で有意義な時間となりました。
この日を境に、転職活動を能動的に動けるようになりました。

まあ、キャリアマートに入社した直接のきっかけはイベントではないのですが…笑

ただ、イベントがあったから転職活動に成功したと言っても過言ではないかと思います!
少なからず、同じよう思いの求職者たちが参加していると思います。参加費も無料ですし。

  • 実際に話せる
  • 実際に見ることができる

これは企業様側にとってもメリットになることかと思います。

自分の経験談が少しでも役立てば幸いでございます…笑

 

どんな企業におすすめ? 参加のメリット

そんな経験談も踏まえつつ、次は企業様にとってのメリットについてお話させて頂きます。

前述の求職者側のように、企業様にとってのメリットも直接「会える」ことではないでしょうか。

現在採用活動において主となる採用手法に広告媒体と人材紹介サービスがあり、多くの企業様がいずれか、ないしは両方の採用手法を利用しているかと思います。
ただ、どちらにも共通して言えることは、母集団形成の難しさや求職者が見えないという点です。

それまで求職者側は企業の情報をHPや口コミでしか知ることができず、また企業様側も求職者の情報を履歴書やエージェント伝いでしか知ることができません。

直接会って話すことは、求職者にとって、「企業側がどんな人に興味持っているのかを肌で感じられる貴重な機会」であり、会社に直接触れる機会があることで、多くの求職者の興味を引くチャンスでもあります。

転職フェアイベント参加のメリット

<出典:https://hrnote.jp/>

一日で多くの求職者と触れ合える転職イベントは、企業の露出PRや求職者へ安心感を与える絶好のチャンスと言えるのではないでしょうか。

 

転職イベント徹底比較

これまで書いたことを見ていただいて、転職イベントに興味を持っていただけたでしょうか?
あとは実際に参加するだけです!

しかし、イベントも様々あり、特徴や強みも様々です。
どれに参加すればよいか分からないという方々に向けて、ここからは転職イベントの特徴について主催者ごとに、キャリアマートでもお取り扱いのあるイベントに限定して、紹介いたします!

○マイナビ転職EXPO/マイナビ

特徴:

・登録者のうち60%が20~39歳の若手社会人
・利用企業の約半数が従業員100名以下の中小企業で、3社に1社が地方での採用を検討など幅広い層から支持
・全国13箇所開催と地方の採用にも特化

若手層に強いマイナビが主催するこちらのイベントは、地方にも特化しており、幅広いニーズに対応。
また、サポートが充実している点などから、参加企業の約80%が出展してよかったと回答するほど非常に満足度が高いです。

 

○好きなまちで働く転職フェア/リクルートキャリア

特徴:

・来場者の約9割が20代から30代
・日本最大級の登録者データベース・利用者数
・訴求するポイントに応じた転職イベント

マイナビと並ぶ大手転職サイトであるリクルートキャリアが主催する転職フェアは、それぞれのイベントでテーマが絞られており、ニーズにマッチするテーマでの参加で求める求職者層とのマッチングの可能性がさらに広がります。

 

○DODA転職フェア/パーソルキャリア

特徴:

・日本最大級の規模で高い知名度(3日間の開催で13,000人を超える転職者が来場)
・キャリアカウンセラーの専門資格を持つ転職アドバイザーが、あなたのご希望やご経験をもとに本当に自分に合った企業をアドバイスしてくれる
・東京・名古屋・大阪など大都市中心で、web広告によるプロモーションなどを通して毎回集客数が充実している

転職フェアで真っ先に思いつく方も多いのではないでしょうか?大都市を中心とした開催により規模も大きく、開催時期が近付くと宣伝などの露出も多くなるため、電車などで見たことある方も多いと思います。また、イベント参加企業は来場した求職者のデータを閲覧し、スカウト機能利用することができ、効率良く求める人材と接触できる。

 

○転職博/学情

特徴:

・参加者の90%が20代の若手層がメイン
・面談形式で選考に直接つながる

こちらのイベントは、実に参加者の85%以上が20~30代の若手社員なので、20代を中心とした若手層や第二新卒と言われる層の採用には最適です。また、説明会形式ではなく面談形式となっているため、直接参加者に企業の魅力を伝えることも可能な面が他との大きな違いです。

 


 

いかがでしたでしょうか?

他にも様々なイベントが開催されておりますので、中途採用にお困りの際は求めるニーズに合ったイベントに一度ご参加されてみてはいかがでしょうか。
もちろん、弊社でも採用のコンサルタントとしてご相談やサポートをさせていただきますので、少しでも興味が御座いましたら是非お気軽にお問い合わせください。

以上、キャリアマートの舘花(タテハナ)がお送り致しました。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございます!

転職サイト媒体比較

転職イベント・転職フェアまとめ&比較
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!