ちょっと変わってる、面白い選考方法取り入れている会社【最新版】

いつもキャリブロをご覧いただき、誠にありがとうございます。
根岸でございます!

 

本日は、ちょっと変わった面白い選考方法を
業種別で10パターン、事例をご紹介させていただきます!

面白い選考方法の内容は、どんなものなのか??また、
どんな結果につながったのか??
さっそく見ていきましょう!

 

1:麻雀採用【某商社】

説明会や懇親会と同時に、
学生29人+プロ雀士5人+自社の社員5人=計39人によるマージャン大会による、選考。
1位を獲得した学生には、いきなり最終面接に進めるという特典が付き、
麻雀の特異な学生には、うってつけの選考方法です。

 

 

2:人狼採用【某制作会社】

選考の場において、大学生と既存社員が一緒に人狼をプレイし、
コミュニケーションを取るとともに、リラックスして臨んでもらうという意図があり、
その中で、学生さんの洞察力やコミュニケーション能力も見ているということです。
人間性を見たい企業様には、お勧めの内容ではないでしょうか、、、!

 

 

3:スタートアップボーディング【某広告会社】

従来の新卒採用とは異なる採用コースであり、セミナーに参加した後、
書類選考→面接を突破した学生さんには以下の環境が提供されます。

 

■グループ会社として法人を立ち上げ、通過者は創業メンバーとして参画
■ 資本金 3,000 万円の提供
■ サービス企画、開発ノウハウのフィードバック
■ 某ゲーム社新卒入社の権利

 

 

4:就活×リアル脱出ゲーム【某ゲーム会社】

学生の直面する「就職活動」や私たちのいる「インターネットの世界」というものが、
はっきりと未来が見えない迷宮のダンジョンに似ていると考え、この企画を実施。
「未来におこることは謎だらけで、だからこそ面白い」。こんなワクワクする世界を感じてもらい、
インターネットの世界で働く楽しさを知ってもらうために、
就職活動×リアル脱出ゲームを行います。
ゲーム好きの学生さんには、興味深そうな内容ですね、、!

 

 

5:寿司の早食い選手権【某IT企業】

非常に珍しい食べ物系@寿司の早食い。と言っても、
実際に寿司を食べるのではなく、

Flashタイピングゲームの「寿司打」を使ってタイピング技術を競うというもの。
最も多くタイピングをして見事「早食い王」となった1人は、
数々の選考を短縮していきなり最終選考に参加できるとのこと。
ちなみにこちらの企業の社員には「200点以上」を取ることが義務付けられているそうです!

 

 

6:禁煙採用【某ホテル業界】

旅館や温泉施設などを運営する某ホテルグループでは、
約10年程前から「タバコを吸わないこと」を採用条件に掲げている。
タバコを吸う有能な社員を肺がんで失ったことがきっかけに誕生したそうで、
それ以来、禁煙は「作業効率」「施設効率」「職場環境」の要素において
企業競争力を向上させるという考えのもと喫煙者の採用を行わないこととしている。
喫煙者の場合は、入社時にタバコを断つことを誓約しているそうです。

 

 

7:バラエティ採用【某サービス系企業】

言葉の通り面白いことを選考の中心に考えている採用です。
お笑いを求めているのではないのですが、こちらの企業が考えるバライティ採用の一部

 

■世界1週の経験がある。
■Twitterのフォロワー数が500人以上いる。
■バイリンガルである。

 

他にも多くの変わった基準があり、
一般的に求められる“誠実”や“優秀”といったこと項目とは別の評価基準を設けています。

 

 

8:相棒採用【某広告系企業】

この人と働いてみたいと思う社員を指名して選考が受けられる内容。
採用課題と採用ページを密接にリンクさせた事例の採用です。

 

■広報から採用までを一貫した採用プロセスとし、
応募者が社員と継続した接点を持つことで、お互いに理解を深める機会をつくり、
自社のことを知ってもらいロイヤリティを形成する。

 

■会社の顔であり資産である社員一人ひとりが前面に立つとで、
彼らを通じ、応募者に自社のリアルな姿を知ってもらう

 

 

9:スクショ採用【某情報通信企業】

こちらの企業では、中途採用において
履歴書のかわりに「スクショ(キャプチャ)」画面を提出させているそうです。
なぜ、そんなことをさせるか、、?というと、
その人その人のスマホのホーム画面を見て

 

■流行りのアプリをおさえているか
■世の中のトレンドに敏感であるか

 

この辺をみながら、「個性」をみているようです。
デジタルネイティブ世代ならではの手法ですね、、、!

 

 

10:ラブレター採用【某HP制作会社】

このラブレター採用、
書類選考・筆記テスト・面接という基本的な選考はいっさい無しで、
なんと、企業宛てに「手紙」をかいていただき、
その手紙@ラブレターだけで判断をし、内定をだすという驚きの内容です、、!

 

それで何をみているか、、それは
「この会社で働きたい!」「この会社が好きだ!」という気持ちが
=「一緒に働きたいという大きさのひとつである」と判断し、
企業への愛がどれくらいあるか、を、手紙をもって判断しているようです。

なかなか他では見ない、特殊な内容ですね、、、!

 

 

11:まとめ

以上、変わった選考内容についてお届けしました。
ご興味のある内容は、ありましたでしょうか???
2017年卒採用では100名ほどの社員が相棒社員を務め、
内定承諾率が前年比で27%改善という驚異的な成果をもたらしました。
「人で勝負する」というコンセプトをもとに最も勝利した事例のひとつではないでしょうか。

 

以上、本日は根岸はお送りしました!

次回も、どうぞお楽しみに!!