学生が望む会社説明会&選考方法!~5つの不満から見える『好評価採用』/「本当に行ってよかった」と思う説明会のランキング

早速ですが、一昔前と比べると昨今、採用の手法から採用基準までもが急激に変化してきたことは皆さんもよくご存知かと思います。

 

そんな中、今の学生がどんな採用活動を望んでいるのか?
就活のどんなところに楽しい!と価値を見い出しているのか?

なんて考えたことはありませんか?

 

そんな人事様のために今回は『学生が行ってよかった説明会!楽しかった選考方法』についてお伝えしていこうと思います!

 

意外にも、身近で取り入れやすいこともあるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください!

 

いまどき就活生の『本音』とは?5つの不満

まず、いまどきの就活生は会社説明会に対してどんな感想、不満をもっているのかをとてもリアルにまとめてみました!

 

  1. 興味があって参加した説明会でも、いきなりの選考は受けづらい。
  2. 最初から志望度の高い学生ばかりではないため、「お気軽にお越しください」のような説明会だと、ハードルは下がって志望度は上がりやすい!
  3. 会社のカラーよりも、「社員のカラー重視」の方が入りやすい印象を受ける。
  4. 座って聞くだけの会社説明メインよりも、座談会や簡単なグループワークの方が記憶に残りやすい。
  5. 時間配分は、30分~1時間程度で無駄なく会社説明ののち、30分の座談会やグループワークだとちょうど良い。

 

などなど、少し並べてみるだけでも続々と本音がでてきますね!

 

皆さんも就職活動を思い出せば沢山思うところはあると思いますが、個人的には【1】と【4】はとても共感できるなと感じました。

 

なぜなら、私自身、説明会や選考には約20社ほど行かせていただきましたが、印象に残っているのはだいたい「楽しいグループワーク」や「担当の方がよく接してくれた」などの人と関わることで良かった事が多い企業様ばかりだからです。

 

これらを考慮したうえで。次に気になるのは、説明会にて就活生は、各企業の“何を見て選考に進もうと決意するのか?”ということです。

それは、続いてご紹介する2つさえご理解いただければ、自然と“就活生の求める説明会”に近づけるのではないかと思っています!

 

 

学生は説明会で何を見て、何を感じているの?

先ほどお伝えしたように、就活生は説明会や選考一つ一つに色々なことを感じ、様々な不満や良いところを考えています。

その中で、良かった!と思った企業にアタックし、内定を勝ち取るために動いていくのです。

 

つまり、
説明会=学生が企業選びの参考に。
選 考=企業が学生選びの参考に。

という意識をもって就職(採用)活動を行うことで、お互いがより良い活動を行えるのではないかと思います。

 

という事で!就活生が会社説明会に参加して、良いイメージ・悪いイメージにつながったことを見ていきましょう。

 

採用イベント・説明会での良いイメージ

<エスプライドリサーチ 第5回『この会社で働きたい!と思わせる採用活動とは?』より>

 

ここで注目していただきたいのが、同率2位の「見た目や雰囲気が良いイメージにつながった!」という点です。

明るい雰囲気のオフィスに笑顔の採用担当、楽しそうな先輩社員が説明会にいたら確かに学生は憧れや親しみを持ちそうですよね!

 

そして逆に、悪いイメージにつながったことの結果をご覧ください。

 

<エスプライドリサーチ 第5回『この会社で働きたい!と思わせる採用活動とは?』より>

 

結果から考察すると、学生はまだ会社の中身が見えないので、せめて合同説明会のブース内や説明会会場の見た目を清潔かつ安心感のあるデザインにしておくだけでも効果はあるのかもしれませんね。

 

他にも少数意見で、人事の方が話しやすい、パワーポイントの使い方が上手い、会社の雰囲気がよくわかる!などの意見も目にしました。

 

こちらの話しやすい雰囲気作りやパワーポイントの工夫などの方が人事様は取り組みやすく、伝え方によっては早めの変化も期待できるのではないでしょうか。

例年同じ説明会資料ばかりという企業様は、これを機に少しリニューアルしてみるのもおすすめですね!

 

 

学生の気持ちを考えた、企業の良い作戦があった!

ここからは少し気分を変えて、少し変わったユニークかつ戦略的な企業の説明会の事例を私の独断と偏見で厳選し、解説とともにお伝えします!!

 

【エイプリル採用】某WEB制作会社

4月1日限定で履歴書画像にウソの名前・自己PRを書いてツイートし応募するという、とてもユニークな採用方法です。

「嘘をつくのも才能」という考えをもとに、いかに面白い嘘をつけるかが採用基準で、何と一人だけ本当に内定を出すそうです!

 

私がこの企業が気になった理由は、これだけではなく他にも様々なユニーク採用を行っていること、そしてそのどれもがユニークさの中に戦略がしっかり組み込まれていることからほかの人事様の参考になるかと思ったからです!

貴社の採用活動でも参考にしてみてくださいね。

 

【受験料制度】某IT関連企業

動画などで有名なこちらでは、「本気で働きたいと思っている人に応募してほしいから」という理由で3,000円を受験料として選考を行っています。

一見すると選考でお金がかかるの?と思ってしまいますが、個人的には、就職したらきっと良い環境が保障されているように思えてとても面白い戦略だと感じました!

「ミスマッチを無くす」という観点では、実はこの上ない手法なのかもしれませんね!

 

【オフィス冒険選考】某メディア事業会社

オフィスを冒険!?それはなんだろう?と、不思議に思うタイトルのこの選考は・・・

「オフィス全体を使った少数グループによる宝探しを行う!」という、とても遊び心満載な採用手法です!

 

この選考以外にもいくつかユニークな選考を行っていて、中には誰も考えつかないような選考方法を次々と実践しています!

もちろんこのまま実践というのは難しそうですが、遊び心を大切にという点では参考にできることが沢山ありそうですね!

 

 


 

このように、学生が就活の楽しさを肌で感じ、自然なコミュニケーションがとれる環境にしていくことが「入社するたった1社」を決めるきっかけになることも多いようです!

 

ぜひ貴社でも、新たな第一歩として何か一つでも良いアイディアになって頂けると嬉しく思います!

行ってよかったと思う説明会ランキング2019

こちらはONE CAREERが調査した「5万件の就活生の口コミから見えた人気企業ランキング、説明会部門」のランキング。

参加してよかったとされる説明会を実施した企業とも言えます!こちらもぜひ参考にしてみてください!

 

GOLD受賞企業10社

ミリアルリゾートホテルズ

「動画や照明を使い、エンターテイメント性が高かった。」

武蔵野銀行

「社員への質問の時、スマホで匿名で質問できるツールを利用していてとても質問しやすかった。」

積水ハウス

「不動産業界の志望動機の書き方のヒントをもらえた」

日本マイクロソフト

「業務内容の説明や、人事の社員に質問することができた。社員と接することができる有意義な説明会だった」

協和キリン

「グループディスカッション形式での企業理解が深まった」

三井不動産商業マネジメント

「仕事内容がよくわかる内容だった。入社後のキャリアプランがわかる内容だった」

講談社

「業界の中での立ち位置がよく分かった。他の出版社との違いがよくわかった」

ボッシュ

「会社全体だけではなく、部署ごとの知識も得ることができた」

丸井グループ

「学生を成長させようとしてくれるイベントだった。社員とじっくり話せる少人数の座談会がよかった」

総務省

「講義とグループディスカッションを通し、税への理解が深まった」

<参照:ONE CAREER  「本当に行ってよかった」と思う説明会のランキング>

 

まとめ

以上、『学生が行ってよかった説明会!楽しかった選考方法』をお届けしました。
最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

 

就活生が行きたくなるような選考を行うには様々なリスクや工数も伴いますが、その反面成功すれば大きな利益につながることも期待できると思います。

 

「面白い選考を試してみたい!」「沢山の学生を集めたい!」とお考えの人事様は実践へ向けた活動を始めてはいかがでしょうか。

 

ご不安や疑問点などあれば、ぜひキャリアマートへご相談ください!

なんでも相談窓口。とりあえずメールで聞いてみる

 

★採用のお悩み・ご相談はこちら!
★無料コンサルもお申込みお待ちしています!

 

 

以上、今回はキャリブロレンジャーの藤森がお送りしました!

次回もお楽しみに。

 

 

\「参考になった!」と思ったらぜひシェアを!/

採用アウトソーシング広告

学生が望む会社説明会&選考方法!~5つの不満から見える『好評価採用』
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!