失敗事例から学ぶ、3つの「SNS炎上」防止対策

SNSを活用した採用活動が日本でも年々広がっています。話題性があり拡散力も強いSNSは、20代の若手を採用したい企業にとってターゲットにアプローチしやすいメリットの多い方法のひとつ。

一方、不祥事や失言といったマイナスな部分も広まりやすいため、時に炎上してしまうことも。企業の投稿が炎上するとブランド価値が下がる、株価が低下するなどの懸念があります。

今回はSNSを利用する際に、炎上を防ぐためのポイント、失敗しないコツ』をまとめました。

採用活動にSNSを取り入れている企業が年々増加!

SNSを活用した採用活動を意味する「ソーシャルリクルーティング」は、ソーシャルメディアの「ソー」と企業と求職者が双方からコミュニケーションがとれる「双」という言葉から「ソー活」とも呼ばれます。

SNSを採用活動に利用することは、ユーザーの投稿をチェックすることで、企業側も求職者について知れる、コミュニケーションが取れるなど、双方にとってメリットが多くあります。就職活動が活発な20代のSNS利用率はほぼ100%。SNSは企業にとってターゲットにアプローチしやすい方法といえるでしょう。

アメリカは、2013年の時点で9割を超える企業がすでにソー活を導入。日本では、2010年頃より導入され始め、企業だけでなく公的機関の採用活動にもSNSが取り入れられるなど年々、増加傾向です。

企業SNSで失敗&炎上してしまった事例

SNSの魅力は拡散され多くの人の目に留まることですが、これは良い場合にも悪い場合にも当てはまります。

情報は瞬く間に広まり、そしていつまでもネット上に残ってしまうのです。企業アカウントも、求職者や閲覧者からクレームや批判を受けてしまい、それが拡散されてしまうこともあります。運用方法によっては企業のイメージダウンになりかねません。

ここでは炎上してしまった事例をご紹介します。

配慮のない軽率な投稿をして炎上した事例

事例1:A社

A社の社員は採用面接の様子をGoogle+を使って実況し、面接を受けた人の氏名や評価など不適切な内容を投稿したため、批判の声が続出し炎上しました。問題のアカウントは削除され、後に架空の面接実況だったと報告があったものの、企業の個人情報の取り扱いに不信感が残りました。

事例2:B社

お次は、2011年の東日本大震災の直後に、B社の人事担当者から選考希望学生に送ったメールが原因となった事例。そのメールは被災した学生への配慮が少なく、高圧的で傲慢な文面で綴られていました。受け取った学生がネット上に文面を掲載したことで一気に広まり、それを見た人々から非難の声が続出し炎上に発展しました。

他にも【個人情報が漏洩し炎上】【誤解を招くような情報発信をしてしまい炎上】【偽の情報が勝手に出回ってしまうことで炎上】など、きっかけは様々ですが、企業が気をつけたい炎上リスクの一つに【コンプライアンス違反】があります。

 

【例えば】

  • 社内行事で出かけた先でたまたま遭遇した有名人の写真を許可なく投稿。
  • 動画アプリからダウンロードした音楽をBGMに使用して会社のイメージビデオを作り投稿。
  • インターネット上で取得した画像を使用許可の確認をせずに投稿した。

など、何気なくやってしまいそうなことですが、実はこれらもコンプライアンス違反にあたります。

参照:新卒の手引き「採用担当者必見。SNS炎上事例から学ぶ、炎上しない採用活動の3つのポイント」

炎上しないために気を付けることとは?

多くの人が見ることができるSNS。何気ない投稿が一部の方を不快にさせ、炎上を招いてしまうケースも起こりがちです。

ここでは、SNS炎上を未然に防ぐためのポイントを3つご紹介します。

1.従業員に教育研修を行う

炎上を未然に防ぐためには、運用を開始する前に情報発信の際の注意点やルールなどをまとめ社内でガイドラインを作成することが大切です。

例えば】

  • SNSで自分の会社名を名乗らない
  • 会社内の機密事項は投稿しない
  • 自社サービスへの勧誘につながる投稿は禁止
  • 個人情報を出さない、漏らさない
  • 丁寧な対応を常に心がける
  • SNSの機能を理解して使う など。

これは一例ですが、採用担当のみならず社員に対して、事前に教育研修を行い共有しておきましょう。

会社の機密情報や仕事の愚痴など、会社に悪影響を与える内容をなぜSNSに投稿してはいけないかなどといった、一般常識も含め社員自身の問題意識を高めネットリテラシーを身につけることが重要です。

2.企業でどのような情報を発信していくのか決めて運用する

SNSを通じてコミュニケーションする際は、内容を考慮し炎上するリスクを避ける必要があります。

会社としてどのような情報を発信していくのか、またどういう発信は避けるのかを、あらかじめしっかりと決めておきましょう。

3.投稿は単独で行なわず社内で必ずダブルチェックする

年代も環境もさまざまな人が目にするSNS。製作者個人の感覚だけで投稿をすると、まったく違った感覚を持った人からの批判を集め、炎上してしまうことも。内容を読み直し、問題がないか客観的に判断する必要があります。

企業としてSNSを発信する際には、投稿は単独で行なわず、内容を社内で必ずダブルチェックしましょう。

参照:企業調査センター「【炎上対策】会社でSNSの社内規定/ルールを決める前に考えなければいけないコト」

まとめ

採用活動にSNSを導入すること自体はメリットが多く、上手に活用すれば効果的な採用活動を行えます。その反面、炎上すれば会社の信用やイメージを一気に落とす、存続の危機にまで発展する場合があることも知っておく必要があります。

運用前に社内教育を徹底し、企業の看板を背負って発信している意識を持ちましょう。自社の魅力の発信や、求職者との良いコミュニケーションがとれるよう、SNSを上手く活用したいですね。

関連記事

就活中学生のほぼ100%がスマートフォンを活用している現在、ソー活(ソーシャルリクルーティング)という言葉も聞くことも多くなってきましたね。 今回はソー活を活用している、これから活用しようとしている企業様へ向けて、実際にバズった(拡散され[…]

【バズりから学ぶ】採用活用術!本当に求められている採用情報

学生を集めたい