アウトソーシングと人材派遣って何が違うの?

こんにちは!!
いつも弊社のHPをご覧頂きありがとうございます。

 

私達の行っているサービス
「採用代行」「アウトソーシング」の
メリットやデメリット、歴史などを紹介いたしました。

 

ご興味もっていただけましたでしょうか??

 

アウトソーシングと検索すると一緒にヒットするのが「人材派遣

 

一見似ているようですが、それぞれ特性が異なりますので
今回はその違いを説明しようと思います!!!

 


人が足りない!仕事が回らない!!

 

 

仕事が回らない、急な退職がある、人件費を抑制したい、といった課題がある場合、
解決手段のトップは人材サービス、特に「人材派遣を利用する」ではないでしょうか。

 

人材派遣の特長は、必要なタイミングで相応のスキルをもった人材
人材派遣会社から素早く派遣してもらえるので、業務に穴を開けずに済むということです。

 

就業してもらう時間帯も指定でき、当然、契約範囲内で直接指示を出すことでもできます。
また、パートやアルバイトと違い、社会保険の負担もなく、
単純に時間給(人材派遣会社のマージン含む)で働いてもらうことができます。

 


まるっと全てお任せ!!

 

アウトソーシングは、業務そのものを切出して、代わりに行うという手段です。
そのため、業務に携わる人材の勤怠管理や教育、派遣交代時の引継ぎ負荷などを、
依頼する会社は一切管理する必要がなくなり、

かつ、業務品質の安定化が見込めるため、一旦軌道に乗るとかなり楽になります。

 

つまり、業務自体を切り出し、予め取り決められた成果物をきちんと納品することが
アウトソーサーの価値であるため、アウトソーサー側の人員が退職してしまっても

交代してしまっても、依頼側に影響はないということになります。

 


状況によって使い方は変わる!!

 

今の会社の状況によって人材派遣が必要なのか
アウトソーシングが必要なのか見極めることが大切です。

 

簡単にまとめると・・・

◇人材派遣が必要な状況
人の補充がすぐに必要
・管理者が直接指示を出す必要がある
・業務を社外に出せない

 

◆アウトソーシングが必要な状況
定形的な業務が大量にある
・業務を社外に出せる
・業務が定期的に発生する

 

ということですので
状況を分析し、社内に必要なサービスを利用しましょう!!

 

ご紹介した記事はこちらです。

 

人材サービス(人材派遣)とアウトソーシングの具体的な違いと選び方

 

 

水曜担当の関根でした(^^)

アウトソーシング概要

 

 

 

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新卒採用支援、新卒採用アウトソーシングならキャリアマート!

採用ノウハウに関する無料セミナー随時開催中です!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓