新卒採用ノウハウ~学生との連絡~

いつも弊社のHPをご覧頂きありがとうございます!

弊社では日々、様々な企業様の
新卒採用を支援させて頂いております。

 

人事ご担当の方は、
色々な悩みを抱いておられます。
特に、新卒採用についてのノウハウの蓄積が少ない企業様では、日々色々な課題に直面しています。
今回は、わかりそうでわからない「学生との連絡」について紹介いたします。

 

説明会や選考を行う上で、メール電話などで学生と連絡をとることが多々あるかと思います。
それぞれのポイントをあげていきます。
1.就職サイトのメール


主に説明会や選考のリマインドで使われるかと思います。

 

説明会では、特にリマインドの側面が強いです。説明会1週間前、説明会3日前、説明会前日など予約した学生が忘れないようにします。

選考では、説明会などに参加した学生が早く選考に進みたいという気持ちにしなくてはいけません。

 

そのためには、学生に自社の情報を多く与える必要があります。ホームページへのリンクや動画などがあれば動画のリンクを貼り付けます。

説明会に既に参加してある程度の情報を持ってはいますが、再度自社の情報を与えることで選考の際に引き出しやすくします。
2.電話


お互いの声が聞こえることにより、学生もその企業をより身近に感じることでしょう。
企業側からしても学生の選考に対する熱量を直接感じることができるかと思います。

 

説明会の前日確認コールなどでは、何気ない一言、「お気を付けてお越しください」などの言葉が学生の印象をアップさせます。

 

学生は企業との電話に慣れておりません。そこでぶっきら棒な対応や、素っ気無い対応をとってしまうと、それが仮にビジネスの世界では普通であったとしても学生からの心象はあまりよくはありません。
また、選考の日程を調整する際、既に一度選考などを済ませている学生であったら、
選考の際のフィードバックや、次回選考のアドバイスを伝えることも大事になってきます。

 

3.就職サイトの自動返信機能


メールと電話からすると番外編的になりますが、
就職サイトには、エントリーや説明会などを予約すると自動で返信してくれる機能がございます。

こちらのテンプレートにこだわることも学生とのコミュニケーションや、
今後の誘導をスムーズにすることができます。

 

単純に、「エントリーを受け付けました…」というメールよりは、相手の名前が入っていた方が丁寧であり、

例えば予約可能な説明会の画面が挿入されているとより説明会へ誘導できるかと思います。

 

 

4.最後に


新卒採用において、最初から最後まで人事ご担当者様だけで完結することは滅多にないことかと思います。

2次面接、3次面接となると現場社員、役員、社長と色々な役職の方が登場してくることかと思います。

 

人事ご担当者様が、必死に母集団を形成しても選考の最後の方で「不採用」が多く発生する事もございます。

 

人事ご担当者様と選考官との擦りあわせも大事ですが、
学生へ充分な情報量を与えること、熱量を持って選考に参加してもらえるとうな接し方が必要となります。

 

 

今週はここまでです!

以上、火曜日担当斉藤でした!

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
キャリアマートのサービスをご利用頂いた企業様の
導入事例を無料で公開しております。

・優秀な人材採用
・内定承諾率15%UP
・母集団昨対比594%UP

ダウンロードは下記よりお気軽にどうぞ!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

OSCTA

ぜひフォローして最新記事をご覧ください!