「新卒採用コンサルティング」のサービス内容まとめ

こんにちは!!

いつも弊社のHPをご覧いただきありがとうございます。

今回は、新卒採用コンサルティングの主なサービス内容をまとめました。

 

 


採用コンサルティングの主要サービス内容

◇1:採用戦略の提案◇

採用コンサルティングは、まず新卒採用を経営戦略の中にどう位置づけるかというところから始まります。

何のために新卒採用を行うのかを明確にし、それを経営トップはじめ全社員で共有していくことが重要です。

 

つまり、新卒を採用することで会社全体をどうしていきたいのかが

はっきりしていなければ、どのような人材を採用すべきかは決まりませんし、

学生に対して自社のどのような面をアピールしていくのかも決めることができません。

 

自社を客観的に見直すことが必要な作業だけに、自分たちだけでやるよりも

第三者であるコンサルティング会社の意見を聞きながら進めることが、

正解への近道となることが多いのです。

 

◆2:採用戦術の提案◆

採用戦略、採用人材像の定義などを受けて、

どのように欲しい人材を採用するのかという作戦を立てていくのが、採用戦術立案の段階です。

 

具体的には、採用時期やスケジュールの決定、

選考基準やアセスメント方法(面接を何回行うか、適性試験を組み合わせるかどうかなど)の選択

さらには母集団形成のためのメディア選定や原稿内容の検討などを行います。

近年注目されているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)採用や

外国人採用など、新しい採用スキームを取り入れる場合には、この段階で検討していくことになります。

 

◇3:経営者へのフィードバック◇

採用戦略の段階と深く関わってくることですが、良い人材の採用を成功させるためには

優秀な人材が働きたいと思える「良い会社、良い職場」を作ることが大前提であります。

 

表面だけを良く見せても、入社後に定着しなかったり、モチベーションが低下したりするなど、

「ミスマッチ」の問題が発生すれば、結局採用は失敗だったということになりかねません。

採用コンサルティングでは、せっかく採用した人材を定着させることや、

その育成までを視野に入れ、良い会社づくりの提案を含めて行うケースが多いです。

 

◆4:採用実務アドバイス◆

採用戦術の決定を受けて、実際の採用プロジェクト(実務)の段階で

発生するさまざまな課題に対応するアドバイスを行います。

会社説明会やインターン、面接官トレーニングなどは企画だけでなく、

実際に運営、指導まで請け負うケースもあり、アウトソーシング(採用代行)を主体に

コンサルティングまで行う会社との境界線は、それほど明確ではなくなりつつあります。

また、個別の学生の面接にまで立ち合い、選考や内定出し、

入社意欲を高める口説き、内定後フォローなどの

判断、タイミング、内容についてのアドバイスを行う場合もあります。

 


 

「新卒採用コンサルティング」とは採用を成功させる為に必要な

すべてのプロセスや経営と採用の接点となる

あらゆる場面が採用コンサルティングの対象となります。

そのため、範囲はとても広いです!!

従って、コンサルティング会社によって、この全てに関わる場合もあれば

得意分野に特化している場合もあります。

 

 

 

【採用コンサルティング】のサービスで

採用成功のための「知恵」を掴みましょう!!

 

 

それでは以上とさせて頂きます。

水曜担当の関根でした(^ν^)