採用ロボットアウトソーシング(RPA)

8時間の手作業ルーティンワークをロボット(RPA)で30分に


2060年には、国民の約2.5人に1人が65歳以上の高齢者になるという超高齢化社会を控えている日本。 労働力不足を補う手段として、すでに工場のライン業務などではITやロボットの導入が進んでいますが、まだまだ、ホワイトカラーのオフィスワークへのロボット導入は遅れており、改善の余地が残されています。

キャリアマートでは、2014年よりRPA(Robotic Process Automation)を用いた採用ロボットの開発に着手し、現在、約600体の採用ロボットが稼働し、採用アウトソーシング領域において、作業効率化を図っております。

RPAとは

RPAとは「Robotic Process Automation/ロボティック・プロセス・オートメーション」の略で、ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉です。 「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言い換えられ、人間の知能をコンピューター上で再現しようとするAIや、AIが反復によって学ぶ「機械学習」といった技術を用いて、主にバックオフィスにおけるホワイトカラーのデスクワーク業務を効率化・自動化して業務代行を行います。

RPAで出来ること

「採用成功の為にやらなければならないが、人の手では効率化できない」ルーティンワークが採用業務には数多く存在し、現場の業務を圧迫していることと思います。

下記のような作業項目であれば、今すぐRPAで自動化が可能です。

RPA導入の流れ

業務を可視化し、RPA導入後の生産性、時間・コストなどの面から検証をしていきます。

実際にロボットの動きを組み立てていきます。トライ&エラーを繰り返しながら完成させていきます。

アウトソーシング業務の現場に下ろします。 日々、エラーの有無を確認し、改善の余地があれば、改善していきます。

RPAの活用例

例えば応募者データを1つの採用管理システムで管理する場合に生じる、応募者データの移行作業。
毎日集計する必要があり、特に応募媒体が複数ある場合は多くの時間が費やされていました。しかし、一連の作業を採用ロボットが対応することで、今まで月間8時間近くかかっていた作業が約30分で終了するようになりました。

また、説明会の予約者リストを作る作業。
こちらも説明会の度に就職サイトにログインし、予約者を検索、所定のフォーマットでダウンロードして、
名前順に並び替えてといった作業が発生します。
こちらも採用ロボットに依頼すれば担当者は朝出勤の時間に合わせて説明会の予約者リストをメールで受け取れます。

RPAの導入のメリット・デメリット




生産性向上
採用ロボットは24時間365日稼働し、疲れません。
モチベーションが下がることもないので、高速で業務を処理することができます。
コスト
大幅削減
従来のシステム開発と大きく異なり、初期費用やランニングコストを抑えられるため、人件費やシステム開発よりも低価格で導入することが可能になります。
作業高品質化
ロボットは決められたプログラムを正確に作業するので、基本的にはミスがありません。
よって、これまで度々起こっていたヒューマンエラーによるミスもなくなるので、作業の質を高めることができます。






柔軟な
対応は不可
当たり前のことですが、指示していない作業に関しては一切やってくれません。
また、指示に曖昧な部分があると止まってしまう場合もあります。
効果的に活用するためには、ワークフローを明確にし、業務を可視化する必要があります。

キャリアマートはRPAを活用した自動化ロボット開発をさらに加速