中途採用

即戦力人材を見逃さない通年採用から
短期決戦採用まで徹底サポート


「即戦力しか欲しくない」それが、多くの企業さまの本音ではないでしょうか。

キャリアマートでは、即戦力として活躍できる実務経験豊富な人材や、社会人としての基礎を積み、将来の飛躍が期待される若手(第二新卒など)人材の採用もお手伝いしています。

キャリアマートの中途採用支援はここが違う

中途採用は媒体掲載だけでは、採用は成功しません。 キャリアマートでは以下をご提案させて頂きながら、貴社に見合う媒体を選定し、採用コンサルティングを行いながら二人三脚で即戦力採用を成功させます。

戦略的運用
→【アウトソーシング&RPA】

戦略的原稿
→【検索ワード&求人者の心理】

信用型採用
→【履歴書ReSearch】

戦略的運用【アウトソーシング&RPA】



ある決められた条件の合格ラインをあらかじめ設定しておき、自動で合否を判断することで、求職者の情報を1件1件見ていく手間を省きます。



SMS活用のメリットは発見率と開封率の高さ、URLクリック率の高さ。活動後期にはなるべくアクティブ層に配信し、より効果を発揮させます。



紹介会社の窓口に立ち、業務を一括代行します。求人票のやりとりや、書類選考進捗管理等を代行することで、貴社は採用のコア業務に集中することができます。



採用ロボット(RPA)を活用し、複数の転職サイトから求職者データをダウンロードし、1つの採用管理システムで一括管理を行います。

戦略的原稿【検索ワード&求人者の心理】/プロモーション

ほぼ全員が一斉に就職活動をおこなう新卒採用とは異なり、求職者によって活動時期がバラバラなことも、中途採用の大きなポイント。
費用対効果を最大化するためのプロモーションは、どんな媒体やイベントを活用すればいいのでしょうか。

数多く存在する媒体の中から、貴社の採用ニーズにあった最適なメディアをご提案いたします。

<主なメディア>

■マイナビ転職

株式会社マイナビが運営する転職サイトで、第二新卒や20代~30代前半の層をターゲット層としているサイトです。求人掲載数も全求人の約8割が第二新卒歓迎の求人となっています。 また、マイナビ転職EXPO等のイベントも行っているため直接求職者と面接前に顔を合わせることが可能です。

■doda(デューダ)

パーソルキャリア株式会社が運営する求人情報サービス。IT、通信、営業、企画系の求人が豊富なサイトです。 非公開求人も多く抱え、IT業界に特化した専門サイトからの集客も実現しています。 また、スカウトメールを送ることも可能。

■type(タイプ)

株式会社キャリアデザインセンターが運営するサイトで、対応エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県。 ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職サイト。 1993年からスタートし、業界の中では老舗に分類されるサイトです。

■イーキャリア

ソフトバンクグループが運営するサイトで、営業職からエンジニア職までと掲載の幅も広く総合的な求人サイトで、中でもIT系やクリエイティブ系に強いイメージです。会員数は他と比べてやや少なめですが、その分求人倍率は低いです。

■Re就活

株式会社学情が運営するサイトで、「20代の採用に特化、中堅・中小・ベンチャー企業が求める若手人材が集まるサイト」として謳っています。登録者の約9割が20代、7割近くが社会人経験あり、8割が4大卒。そしてエリアは全国。というのがRe就活の会員属性です。

■マイナビバイト

マイナビバイトはアルバイト情報サイトランキングで総合第1位を獲得する知名度の高いサイトです。 さらに価格も2万円~掲載できる比較的リーズナブルな設定になっています。マイナビというブランド力もあり、高校生から社会人まで幅広い層に支持されているサイトです。

■バイトル

ディップ株式会社が運営する日本最大級のパート・アルバイト求人サイトです。求人数も多く、職種も幅広く取り扱っているサイトとなります。職場の雰囲気を伝えるための動画コンテンツもあるので、応募者側にやさしいサイトでもあります。

■an(アン)

パーソナルキャリア株式会社が運営するパート・アルバイトの求人サイトです。学生~社会人まで幅広い層に利用されているサイトで、会員の男女比は女性6割、男性4割。年齢層は全体の4割が20代。 若年層ユーザーをターゲットとしている企業様におすすめです。

信用型採用【履歴書ReSearch】

申告の経歴 (面接時の応対) に 虚偽・過大申告 はないか?過去職場において トラブルメーカー ではなかったか?業務上に支障をきたす健康状態 ではなかったか?など採用時に予見できない不安があるかと思います。
履歴書ReSearchは、面接ではわかりえない求職者の「信用・適正・能力」を確認するサービスで、採用時における不安を一挙に解消できるサービスとなっています。

◆導入メリット◆

導入メリット① 
諸問題への対応時間を軽減 
→ 対応コスト削減

導入メリット② 
優秀な人材の採り逃し抑止 
→ 採用コスト削減

導入メリット③ 
ブランド価値の低下を防止 
→ レピュテーションリスク回避


履歴書ReSearchに関するFAQ

Q. 会社利用して問題はないですか?
いわゆる「身元調査」は厚生労働省による採用基準の指針に背く内容がほとんどです。 当サービスについては採用基準の指針に触れない内容のみレポートします。
Q. 個人情報保護法に抵触しない?
個人情報(本人提出の書類)は利用目的の特定、目的外の利用禁止、目的を達成する為に外部委託の通知 といった内容を盛り込んだ個人情報の取扱いに関する同意書のサインを本人より取得してからの実施となります。
Q. 情報取得率は?
経歴確認:確認不可である「倒産企業」を除けば72.6%、さらに退職して3年経過した企業を除けば82.7% 人物評価:確認不可である「倒産企業」と現勤務先を除けば73.7% さらに経歴確認NGであった企業を除けば90.7%の情報取得率となります。