DX推進のカギを握るDX人材とは?必要なスキルやマインドセットにも注目

必要なスキルやマインドセットにも注目

DXとはデジタルトランスフォーメーションの略で、もともとはITが人々の生活をよりよくするという生活全般に及ぶ広い意味合いでした。日本においては「デジタルの力を使い最適な経営戦略を導き出し、新しい価値を創出する」と定義されています。

今回は「DXを推進する上で最も重要と言われるDX(デジタル)人材に注目し、必要なマインドセットやスキルついて、そして育成方法など」をご紹介します。

DX人材とは

はじめに、現在の日本のDXの状況とDX人材についてご紹介します。

日本におけるDXの状況

日本経済産業省が2018年に発行した「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」でまとめたDXの定義は「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」となっています。業務環境をアナログからデジタルに移行する、ということですが、単にデジタル化を進めるだけではなく、デジタルの力を使って最適な経営戦略に導き、新しい価値を創出するという意味を含んでいます。

DXの課題感についてのアンケートでは、約半数以上がDXの人材が不足していると回答しています。加速し続けるIT技術の発展に、既存システムが置いていかれることや人口減少による人材不足は深刻な問題です。市場の変化から取り残されないためや企業が存続するためにも、DXは必要です。

参照:三菱総合研究所「第2回:DX推進に求められる「デジタル人材」とは?」

経済産業省が発表したDXレポートでは、企業を取り巻くIT関連の課題を解決できない場合、最大12兆円/年、現在の約2倍の経済損失が起こる「2025年の崖」が発生すると予測されています。

DX推進のカギは人材

既存システムの見直しやDXを実現したとしても、人手がなければ進められません。実現できるビジネスモデル案を描き、実行するための工程管理も必要です。DX人材とは、データの重要性を理解し、デジタル技術を適切に活用して、DXを推進する存在です。

AIやIoTなどインターネットを介したサービスの拡がりに比例し、必要とされる人手も多くなっているため、日本ではDX人材の不足が深刻な問題になっています。デジタル時代に企業が生き残るためにも、まずはDX人材不足の課題を解決する必要があります。DX人材の確保はDX推進のカギです。

DX推進に必要なDX人材

一般にDXは多様な人材のスキルを結集し、プロジェクト単位で推進していくため、求められるスキルも多岐にわたります。

DX推進に必要なマインドセット

DXとは、既存のビジネスやプロセスに変革を起こす取り組みです。DXにより、これまでの業務から変更すべき事案が発生するため、社内で逆風に遭う、必要な協力が得られないといったケースもあります。DX推進にあたっては、多い通りに進まないことも多く、精神的につらくなる局面もあるでしょう。それでも変革を実行し成し遂げるために、次のようなマインドセットが必要と考えられます。

【DX推進に必要なマインドセット】

  1. 現状を変えたいという姿勢
  2. 新しいものを自ら生み出す貪欲さ
  3. 変化する要望や状況を苦にしない
  4. 発想を転換できる柔軟性
  5. 自身で考え解決しようとする行動力

DX人材は、チームとして変革を推進していくため、メンバーが各担当の役割に応じたスキルを持っていることはもちろんですが、専門外の分野に対してリテラシーを持つことも求められます。また、デジタル領域は最新技術やトレンドなど、常に激しく変化するため、既存にとらわれず新たな知識やスキルを積極的に習得していく姿勢も大切です。

DX人材に求められるスキル

ここでは、マインドセットと併せて必要なDX人材に求められるスキルについて、3つまとめました。

DX人材に求められるスキル
  1.課題発見
  2.解決策の構築
  3.ビジネス適用、プロジェクト推進

DX人材はIT技術全般の理解と、デジタル技術を問題に活用できるための知識が不可欠です。現場にある課題を洗い出し、この課題はどの技術を使えば解決するのか、その技術にリスクや課題はあるのか、計画をどのように立て進めるかなど、DXプロジェクト全体を俯瞰して見て、リーダーシップをとり具体的に動くことが求められます。

DX人材の育成方法

DX人材は、「課題を発見し解決策を構築する力」と、プロジェクトの全体を俯瞰し設計やマネジメントを行う「企画を構築する力」が必要です。これらは営業・マーケティング部門や経営企画部門などに必要なスキルでもあるため、既存するこれらの部門に所属する人材は、適合度が高いと思われます。このような即戦力が期待される人材に対して、研修などを通じてマインドセットを学んでもらう、経験者を交えて、実際のプロジェクト推進を行うという方法は、DX人材の育成方法として有効です。また、スキルの有無はいったん除外しマインドセットの近い人材を登用し、後にスキルを習得するという方法もあります。

DX人材の確保・育成にあたっては、組織的な取り組みが必要です。特にマインドセットに関しては、会社全体として、新たなものを積極的に取り入れていくという風土があるかも重要です。

まとめ

今回は、DX人材ついてご紹介しました。

発達の目覚ましいIT技術ですが、うまく自社の経営に取りこんで行けるかは、DX人材の確保・育成が重要なカギと言えます。これからの時代には必要不可欠な取り組みです。専門家のアドバイスや研修なども活用しながら自社に合ったDXの方向性を見つけていきましょう。

関連記事

キャリア採用とは、即戦力となる人材を確保するために就業経験のある人材を採用することをいいます。 キャリア採用で採用した人材は、これまでの実績や経験を活かして自社の即戦力となることを前提としています。自社企業を成長させてくれる人材を採用[…]

キャリア採用とは?即戦力人材確保のために知っておきたい基礎知識

採用戦略を見直したい

必要なスキルやマインドセットにも注目
フォローして毎日記事をチェック!