「それが原因だったの!?」中途採用に失敗しやすい企業の2つの特徴

いつもキャリブロをご覧いただきありがとうございます!

キャリアマートの林でございます。

 

本日のキャリブロでは「中途採用で失敗する企業の特徴とは?」をテーマにお話させていただきます。

 

皆様の中にも、中途採用に全力を注いでみたものの、

今ひとつ期待通りの採用に至らなかったご経験もあるのではないでしょうか?

せっかく時間とコストをかけた採用活動。

できれば失敗のリスクを減らして、成功の可能性を上げたいですよね!

そのためには、何を知っておくべきなのか。意外と身近なこともあるかもしれません!

 

貴社には該当することはありませんか?早速見ていきましょう!

 

1.採用したい人物像がない

採用活動を始めるにあたり、この「採用したい人物像」は最も重要で、基本的な要素として挙げられます。

このビジョンはしっかりと描けていますか?

 

例えば、「仕事のできる人がほしい!」との背景から採用活動をスタートさせたとします。

一見すると、“経験者の方は大歓迎!”といった、とにかく即戦力となる人材を採用したいという意向が想像できますが、

それだけでは、スキルや経歴がどんなに素晴らしい方を採用できても

内定後の長期保留・辞退、そして入社後のミスマッチに繋がる可能性は非常に高くなってしまうのです。

 

なぜかというと、そこには「具体性」が明らかに不足しているからです。

「具体的にどのようなスキルを持っていてほしいのか」

「どの部署・役職でどのように活躍してほしいのか」

などの仕事をする上での要素はもちろん、その他にも“自社の雰囲気に合う性格や思考をもっているか”など、

できるだけ綿密に洗い出していくことが重要なポイントです。

 

・コミュニケーション能力よりも、職種の経験値とパソコンの知識があるほうが望ましいのか。

 

・スピードよりも、確実性や周囲への気配りを優先したいのか。

 

・はたまた、どちらも出来て初めて『即戦力』となるのか。

 

 

単に「仕事ができる人」といっても、

掘り下げだしたら企業によっての具体性だけでも膨大に出てきますよね。

貴社では、中途採用において求める人物像はどこまで明確でしょうか。

 

もちろん、すごく狭い範囲で厳密に絞り込むわけではなく

「基準は○○~△△」「最低限○○以上がほしい」というように、

2~4つぐらいで具体的な基準を設けておくと、面接や選考に進んでからもお互いの認識がずれていくことは

少なくなると思います!

 

 

2.求職者のキャリアプランや志向性を確認できていない

面接時に確認しておきたい要素として、

「今後のキャリアプラン」や「働く上での価値観」などは、

皆様も求職者の方へご質問されているかと思います。

どちらも今後社内でどのような活躍を期待するのかを考える上で、重要なポイントですよね!

 

もちろんこういった質問は新卒採用の面接でもあるかと思いますが、

中途採用となると、求職者のスキルは前職での経験や培ってきた組織力が基盤となるため、

同じ文言であっても意味や影響力は大きさを増していきます。

 

そんな中、キャリアプランがしっかりと確立されている求職者と、

されていない求職者では何が違うのでしょうか。

それは、確立されていれば、この企業でどうすれば自分の目標に到達することができるかを考え、

自ら行動するイメージが出来ているという点だと思います。

 

重要なのは、そのキャリアプランが自社で実現できることなのか。

もしくは今後の会社発展のためにどこまで実現してほしいことなのか。

という点を見極め、求職者と一緒になって考えていくことで更なるマッチングはもちろん、

選考段階での信頼関係も強いものになっていくでしょう。

 

また、求職者の志向性や価値観についても同じく大切なポイントです。

多種多様な価値観が存在する中で、何を重視するのか、

何のために働いているかという志向性をきちんと確認しておかないと、

自社の経営理念や方針、社風に合うかどうかの判断も難しくなります。

 

企業側は採用する際に、「その経験やスキルを最大限に活かしてほしい!」と、

面接などでも全国区クラスを視野に話を進めていても、求職者側は、

「働く上で本当に重要視しているのは勤務地や安定で、転勤や出張はちょっと…」と、

十分な確認をせずにその時点から考え方が異なったまま進んでしまうと、

どんなに将来性を見込める相手でも結果的に入社には至らず。

といったことは、そう珍しいことではありません。

 

一度社会人を経験している方を相手にするのがほとんどな中途採用。

求職者側も、自分が“やりたいこと”と“出来ること”の違いをしっかり把握して転職へ臨むことが多いのです。

大事なのは、キャリアプランや価値観など、目では見えない内側にあるものを確実に見極めていくこと。

それを十分に行わず、早く採用したい!の焦りと勢いあまった結果、よく失敗してしまうという話を私もよく聞きます。

 

もし今回ご紹介した中に少しでも思い当たることなどがあれば、

何か1つでもいいのでご参考にしていただければ幸いです!

 

 

3.まとめ

以上、『中途採用で失敗する企業の特徴とは?』をテーマに、

すぐに始めることのできる2点についてお話をさせて頂きました。

どうしたら良いのかとお悩みの人事様にお読みいただけていたら嬉しいです!

 

採用活動には多くの時間やコストがかかってしまいがちですが、

どちらもかけた分、もしくはそれ以上の成果を出すために!

キャリアマートで採用のお手伝いをさせていただければと思います。

 

中途採用でお困りのことがある場合は、是非どんな些細なことでもご相談ください!

 

それでは。林がお届けしました!

また次回のキャリブロでお会いしましょう!

 

>>>採用アウトソーシング(RPO)キャリアマートへのお問い合わせはコチラから

 

>>>【無料】採用ノウハウセミナー詳細とお申し込みはコチラ

 

>>>キャリアマートオリジナルの【採用お役立ち資料】ダウンロードはコチラ

採用アウトソーシング広告

ぜひフォローして最新記事をご覧ください!