転職サイトおすすめ9社を徹底比較!自社にマッチした媒体の選定方法とは⁉

転職希望者へより効果的にアプローチができる「転職求人サイト

このようなお悩みをお持ちの方におすすめ

  • うちの会社にマッチした転職サイトって何だろう?
  • 転職サイトって正直どれも全部同じように見えるけど結局どれがいいの?

場所や時間に関係なく利用できる求人サイトは、求職者にとって身近なツールのため、利用者は年々増え続けています。今回は求人サイトのメリットやサイトごとの特徴を解説します。

転職サイトの利用率

まずは、転職サイトの利用率についてみていきましょう。

求職者が転職の際に利用する求人媒体

求人媒体とは、新たに雇用したい企業へ広告掲載を呼びかけ、求職希望者の応募を集める手段のことです。

求人媒体には、都道府県労働局が運営しているハローワークをはじめ、民間が運営する転職サイトや派遣会社などがあります。

転職を望んでいる方は、どんな方法で求人を探しているのでしょうか。

参照:doda「求人媒体とは?媒体の種類や特徴、効果を解説」

上記のデータを見て分かるように、求職者が転職の際に利用している転職手段の中で、群を抜いて多いのが転職サイトです。次に担当のアドバイザーが求人紹介から面接までサポートしてくれる転職エージェント、ハローワークと続きます。

このように、ネットが繋がれば簡単に求人を探せる転職サイトは、転職希望者にとって1番身近なツールなのかもしれません。

求人転職サイトを利用するメリット

求人サイトを利用する上でのメリットは3つあります。

多くの人に求人を見てもらえるきっかけを作れる

転職サイトは、場所や時間に関係なく利用できることから多くの人が利用しています。

また、主に転職を希望している人が閲覧しているため、転職希望者が自分にマッチした企業を探しやすくなります。

写真の掲載などで職場の雰囲気やこだわりを伝えられる

転職サイト内では、文字だけでなく写真を掲載できるところが多く、職場の雰囲気などを分かりやすく求職者へ伝えることができます。

また、求職者にとっても写真があることで職場の雰囲気を感じ取りやすいでしょう。

転職希望者にピンポイントでアピールできること

転職サイトによっては、求職者に対してスカウトメールを送ることができます。

スカウトメールは、条件の合う方へ的を絞ってアピールできる最適な手段です。

大手3社(マイナビ転職・リクナビネクスト・エン転職)利用者年齢層比較

マイナビ転職

26~35歳の利用者が約4割を占めており、働き盛りの世代へ求人情報を提供できます。

リクナビNEXT

30~44歳の利用者が半数以上を占めていることから、どちらかといえばキャリアを積みたい人向けのサイトです。

 エン転職 

34歳以下の利用者が約7割を占めており、若年層をターゲットに幅広くアプローチが可能です。

求人転職サイトごとの特徴比較

数多く展開している求人サイトですが、サイトごとにどのような特徴があるのでしょうか。

求人サイト比較をして、特徴を掴みましょう!

マイナビ転職

公開求人数 18,702件
会員登録数 623万人(2020年11月1日時点)

特徴

会員の方へ求人案件を配信するダイレクトメールや、会員の中から条件に合う方へ個別に連絡できるスカウト機能などがあります。より効果的に自社を知ってもらえる機会を作れるサイトです。

従業員100名未満の企業求人が44.9%、従業員300名未満の企業求人が66.7%と、大手企業に限らずさまざまな企業求人が掲載されています。また、未経験者でも挑戦できる求人が多いのも特徴です。

マイナビ転職の「ココ」が良い!

大手の求人媒体の中でも、価格帯がリーズナブルなため、コストパフォーマンスの高い求人媒体です。さらに、期間限定の各種キャンペーンなども多くさらにお得にご利用出来ます。

また、総合転職サイトとして、多岐に渡る職種・業種の分類が、他媒体よりも比較的細かく設定されており、営業職・事務職などのニーズの多い採用から、ニッチな職種まで対応しているため、あらゆる採用ニーズに対応することが可能です。

リクナビNEXT

公開求人数 48,225件
会員登録数 1,018万人(2020年11月1日時点)

特徴

日本各地はもちろん、アメリカやヨーロッパなど海外に勤務地のある求人も取り扱うサイトです。また企業側から条件に合う人へオファーを送ることが可能です。

リクナビNEXTの「ココ」が良い!

転職者の8割がリクナビNEXTを利用していると言われてあり、他の求人に比べ圧倒的な求職者のデータベースを保有しています。

また、リクナビNEXTは、掲載プランが多様です。「募集人数、募集期間、掲載情報量、掲載表示順など」さまざまなニーズに合わせてプランが用意されているため、ご要望に適したプランを選べます。

エン転職

公開求人数 6,211件
会員登録数 857万人(2020年11月1日時点)

特徴

エン転職に掲載する求人は、自動的にLINEキャリアにも載せることができます。LINEキャリアとは、LINEアプリで閲覧可能な求人情報サービスのことです。LINEキャリアへ記載する際の追加料金は一切かからず、さらに多くの人に求人を見てもらうことができます。

また、登録者の72%が34歳以下となっており、若手会員比率が業界No.1であるのも一つの特徴です。

エン転職の「ココ」が良い!

エン転職には、選考中の工数・ストレスを軽減する機能があります。求人者が応募画面から面接可能日を直接登録するので、企業側の日程調整が非常に楽になります。他には応募者に自動でアラート通知がいき、面接辞退防止に繋がり面接実施率が向上できます。

DODA

 

公開求人数 70,360件
会員登録数 576万人(2020年11月1日時点)

特徴

求人掲載数は7万件以上&非公開求人を合わせると13万件以上あり、また、DODAは転職サイトと転職エージェントが一体化しているところが最大の特徴です。そのため、求人サイト利用者層だけでなく、人材紹介利用者層にもアプローチが可能となります。会員属性としては、経験者層のスペックの高い人財が多く登録されています。

それに加え、大きな特徴としましてはメーカー系の求人が多く、他求人媒体と比べて、DODAに公開されている求人の年収は高い傾向が見られます。年収500~699万円としている求人が全体の42.9%となっておりますため、未経験者歓迎の求人が非常に少ないのが特徴的です。

 DODAの「ココ」が良い!

即戦力採用に強く、利用している企業様は未経験よりも経験者を欲しがっている傾向に・・・!
年収が高めという意味ではエンジニアの求人が多いことも理由の一つとなりますが、それだけでなく、経験者採用として利用されている企業様が多いからでした。また、充実した転職支援サービスがあり、求職者様の目的意識が高く、応募から採用に繋がるケースが多いです。

国内最大級の合同企業説明会「doda転職フェア」東京・大阪・名古屋・福岡で、定期的に開催されており、求職者様に直接アプローチを仕掛けることも可能!転職意識の高い求職者様が多いのも特徴で企業様に絶大な支持を受けております。

女の転職@type

公開求人数 1,793件
会員登録数 138万人(2020年11月1日時点)

特徴

女性のワークライフバランスを叶える求人満載!登録会員の99%は女性登録者!女性専門サイトの中では国内最大級の約130万人以上となっており、事務系・サービス・販売系・営業・企画系の求人が充実しています。

ハイキャリアの求人からワークライフバランスを叶える求人まで幅広い案件の掲載があるのが特徴で、求人の特徴が見やすくなっており、女性目線での取材レポートが掲載されています。

女の転職の「ココ」が良い!

正社員女性に特化した転職サイトとなっており、掲載してある求人の9割以上が正社員または正社員登用ありの求人となっております。
女性の活躍が期待されている現在、女性目線での就職サイト利用者は増えている事と思います。

誰もが知っているであろう大手のメジャーな媒体への掲載も、もちろん効果は出てくるかと思いますが、女性向けの職種等もっとピンポイントでの人材確保を狙ってみてもいいかもしれませんね!一つの媒体に限らずに、大手求人媒体を軸に女の転職@typeでの掲載も効果的です!

イーキャリア

公開求人数 2,558件
会員登録数 335万人(2020年11月1日時点)

特徴

イーキャリアは、若年層から中高年まで幅広い世代が利用しています。

ゲーム業界やIT業界の専門職採用に強いのが特徴のソフトバンクグループが運営する総合転職サイトです。そのため、ゲーム業界・IT業界での認知度が高く、ITエンジニア・クリエイターなどの専門職採用に強みがございます!また、キャンペーンも豊富で比較的費用対を抑えられるのが特徴的です。

■ITエンジニア・クリエイターなどの専門職の採用を検討している企業様
■幅広い年齢層の採用を検討している企業様
■効率的に採用をおこないたいと考えている企業様

こういった企業様はぜひご検討如何でしょうか。

イーキャリアの「ココ」が良い!

自己紹介ムービーや顔写真チェック機能が充実!
面接前に、顔写真や実際に話している映像で応募者の表情や雰囲気を事前にチェックすることで、第一印象でのミスマッチを防ぐことが出来ます。また、求職者が登録したポートフォリオも閲覧することができるようになり、クリエイティブ職でのマッチング精度を高められます。

そして、何よりSNSとの連動性!メール離れしている昨今、メールを見落としがちな求職者様にはとても良い機能です。メッセージを送ると求職者の携帯電話に通知されるため、重要な連絡の見落としを防ぎます。

Re就活

公開求人数 1,014件
会員登録数 150万人(2020年11月1日時点)

特徴

営業や販売、事務から技術系まで幅広く取り扱っているサイトです。

転職未経験者に有効的であり、第二新卒に特化した20代専門サイトとして支持を高めております。求職者様の経歴よりもポテンシャルを重視する企業様も多いのが特徴的です。イベントやプロモーションも積極的に行っており、日に日に反響を増している勢いのある求人媒体です。

適性診断やコラムなどの情報や読み物も充実しており、就職に役立つものから社会人として、知っておくと役に立つことなどを知ることができ、求職者様の立場からみても利用しやすいのではないでしょうか。

Re就活の「ココ」が良い!

とにかく就職したい!転職したい!という人が集まりやすいので、未経験採用にはかなり有効的な求人媒体となります。
経験者採用には不向きではございますが、ポテンシャルを重視して1から育てていきたい企業様には向いているのではないでしょうか。プロモーションにも今が旬な俳優さん、女優さんを起用しているので信頼性も高いです。

@type

公開求人数 7,799件
会員登録数 857万人(2020年11月1日時点)

特徴

通信関係や建築関係など専門職を多く取り扱っているサイトです。大卒以上の会員が約半数を占めています。

また、エンジニア関連の掲載職種数ではNo.1を誇る求人媒体です。エンジニアの中でも職種設定が細かく設けられています。

エンジニアの転職サイトとしては企業・転職者ともに、非常に認知度の高い求人サイトとなります。
スカウト機能も充実しており、「行動ターゲティングスカウト」など、登録者の行動を基に検索ができるスカウト機能を搭載。機能的で精度の高いシステムのため、スキルの高い経験者などのピンポイント採用におすすめです。

typeの「ココ」が良い!

エンジニア職に強い@typeさんですが、関東圏の案件が多いです。また、独占求人が多いため、より高度な案件を求めてくる求職者様(潜在層)がいらっしゃいますので求人とのマッチング率が高いのではないでしょうか。ぜひ、関東圏で採用をお考えの企業様は一つの視野としては如何でしょうか。

とらばーゆ

公開求人数 2,515件
会員登録数 77万人(2018年3月時点)

特徴

一般事務や医療事務を多く取り扱う女性専門のサイトです。メインユーザーは正社員・契約社員として働く20~34歳の女性であり、事務以外にも医療系や美容系など幅広く記載しています。

とらばーゆの「ココ」が良い!

リクルートが運営していることもあり、求人者の圧倒的なデータベースを保有。また、ユーザーの96%が女性であり、女性の多い領域の採用に特化した求人サイトとなっています。検索軸、コンテンツ提供が多いため、ターゲットユーザーにヒットしやすいのもおすすめなポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

年々、求人媒体で効果を出すのは難しくなってきていると生の声を頂くことも多いですが、各求人媒体の特徴を理解することで、採用に近づく確率がグンッと上がります。一つの媒体で採用を考えるのではなく、特徴を抑えた上で軸になる求人媒体とサブになる求人媒体を掛け合わせると効果も期待しやすくなります。

その他、求人媒体の効果を上げる施策もキャリアマート内でご用意ございますので採用にお困りの企業様がございましたらぜひお声がけくださいませ!

「中途」関連記事

この度キャリアマートでは新卒採用支援に加え、中途採用支援にもこれまで以上に力をいれることになりました。もちろん、今までの採用支援ノウハウを存分に活かし、中途採用においてもニーズに合ったお力添えをしていきたいと考えております!そんな今[…]

転職イベント・転職フェアまとめ&比較

転職サイト媒体比較