母集団形成×戦略~なぜ重要なのか?どんな戦略があるのか??~

こんにちは!

 

 

いつもきゃりぶろをご覧いただき、ありがとうございます!!

 

 

今回のテーマは『母集団形成』

 

 

◆「母集団形成」の位置づけ

 

◆「母集団形成」の戦略

 

 

今回は以上2つのコラムを書いてまいります。

 

 

新卒採用において母集団形成とは

「自社に興味関心を持ってくれる学生を集めること」

だと定義づけられています。

 

 

「母集団形成は重要である」とよく耳にしますよね。

では、そもそもなぜ重要なのか?

どんな手法・戦略を用いて行うものなのか??

を明らかにしたいと思います!

 

 

新卒採用をご検討されている企業様・難航されている企業様の

採用成功のヒントになれば幸いでございます。

 

 

それではさっそく見ていきましょう(^ω^)

 

 


 

 

【母集団形成の位置づけ】

 

『なぜ母集団形成が必要なのか?』

 

 

それは採用における母集団形成の位置づけを見ることで明らかになります。

 

 

採用のプロセスは

 

『学生を集める』→『企業に惹きつける』→『学生を選定する』

 

この3ステップを滞りなく進めていくことが成功のカギとなります。

 

 

先にも書きましたように

 

『母集団形成=学生を集めること』です。

 

では、それができていない場合どうなるのか。

 

参加率・歩留まりを例に出して見ていきましょう。

 

 

 

【例:採用目標が10名の企業があるとして】

 

《①課題:母集団形成が少ない》

 

エントリー 説明会 選考 内定出し 内定承諾
参加率 130名 80名 48名 12名 6名
歩留まり 60% 60% 20% 50%

 

歩留まりは良好であるにも関わらず、エントリーが少ない。

 

 

 

《➁課題:学生を企業に惹きつけられていない。》

 

エントリー 説明会 選考 内定出し 内定承諾
参加率 600名 300名 100名 20名 6名
歩留まり 50% 30% 20% 30%

 

エントリーは集まっているものの、歩留まりが悪い。

 

 

 

 

どちらも4名足りない結果となっております。

 

 

極端な例ではございますが、

母集団が集まらないこと・歩留りが悪いこと

採用が難航してしまう原因となるようです。

 

 

中でも母集団形成は採用におけるスタートダッシュであり、

ここで他企業と差をつけられたら巻き返しが難しくなります。

 

ゆえに、母集団形成は新卒採用において重要であり、

企業様が力を入れるのです。

 

 

では、どのように母集団形成をすれば良いのでしょうか?

次は戦略・手法に関して見ていきます!

 

 


 

【母集団形成の戦略】

 

母集団の形成を行うための3つのステップ。

 

[①目標設定]

 

『どのような人材』『何人』採用するのか。

『いつからいつまでに』採用するのか。(=採用期間)

 

 

※例

 

人材要件『次世代の幹部候補。主体性・実行力に優れたリーダーシップのある学生。』

 

目標人数『5名』

 

採用期間『2月~9月』

 

などなど。

 

 

[➁シミュレーション]

 

目標採用人数から、

内定承諾数・内定出し・説明会参加数・エントリーの目標値を算出する。

 

 

※例

目標人数『5名』

内定出し『10名』

選考『50名』

説明会『150名』

エントリー『400名』

などなど。

 

 

[③手法の選定]

 

『採用手法は企業様によって異なります。』

 

就職サイトが良い企業様も紹介が良い企業様も

学校訪問が良い企業様もいらっしゃいます。

 

 

人物重視で、

数多くの学生さんにお会いしたいのであれば

就職サイトや合同説明会を使用して行う集客が良いかもしれません。

 

 

逆に、人材要件が『資格取得者』や『理系の学生でIT知識がある人』など

限定されているのであれば専門の紹介会社を利用し、

少ない母集団で質の高い母集団を作ることも良いかと思われます。

 

 

目標人数で考えると一般的には

1~2名採用→紹介

大人数採用→就職サイト

の方が費用が少なくなるとも言われております。

 

 

母集団を集めるうえで大切なのは

『質と数の目標』

を定めることです。

 

どんな学生を集めたいのか。

何人の学生を集めたいのか。

を綿密に決めることが大事です。

 

 

◇◆母集団の集め方まとめ◆◇

 

 

目標を設定する

→どんな学生を何人採用したいのか?期間はいつからいつまでにするのか?

 

 

②目標に対して各進捗の目標値を出す。

→エントリー・説明会参加人数は何人集めるのか?

進捗が悪かった時の対処はどうするか?

 

 

手法を選定する。

→目標に対してベストな手法を選ぶ。

就職サイトにするのか、紹介にするのか、イベントにするのか。

目標とそれぞれのメリットデメリットを考慮して選定する。

 

以上が母集団形成の戦略です!

 

 

新卒採用をされている企業様・検討されている企業様は

人材要件や目標人数・採用時期等を細かく設定し、

貴社にあった母集団の集め方を探すことをお勧めいたします!

 

 

もし、どの手法が自社に合っているか分からない等の

新卒採用に関してお困りのことがございましたら

お気軽にご相談くださいませ。

 

 

それでは今回はこのへんで!

土曜きゃりぶろ担当宇都宮でした~!(^ω^)

 

 

◇◆『2大就職サイト『マイナビ・リクナビ徹底分析資料無料配布中!!』◆◇