【新卒採用】成功する母集団形成の具体的な手法12選

【新卒採用】成功する母集団形成の具体的な手法12選

今回のテーマは『母集団形成のための戦術』です!

皆さま、「母集団形成」というワードを聞いたことがありますか?母集団形成とは、自社の採用情報を採用したい学生に的確に届けて、自社に興味を持つ学生を集めることをいいます。

そこで今回は

「今年から新卒採用を行うが、母集団形成についてよく分からない」
「毎年新卒採用は行っているが、母集団(エントリー)が目標値に達しない」
「次年度に向けて何か効率的・効果的な方法は無いか」

というお悩みを抱えている方へ向けて、「母集団形成」と共にエントリー数を増加させる方法について詳しくお伝え致します。

母集団形成とは

まずそもそも、母集団形成とは何でしょうか。

母集団形成とは自社の求人に対して興味を持っている応募者のエントリーを集めることを言います。母集団形成に着目する際は、人数はもちろんですが、いかにして自社が欲し学生にアプローチをするかがカギになります。

新卒採用における母集団形成の位置づけ

母集団形成は採用において重要ですが、なぜそんなに重要なのか?それは採用における採用プロセスから位置づけを見ることで理解ができます。

採用活動におけるファーストステップ

以下の3ステップを滞りなく進めていくことが基本的な採用プロセスです。

『学生を集める』→『企業に惹きつける』→『学生を選定する』

そして母集団形成とは、この中の『学生を集めること』に匹敵します。つまり採用のスタート地点だということです!

採用活動を行う企業側からしてもある程度、自社とのマッチ度を検討する必要があるので応募者の選別も行う必要があります。そのために、母集団形成を効率的に行い見極めるための選択肢を増やす必要があります。

約半数の企業は母集団形成に満足できていない

しかし、実際には企業の49%と約5割の企業が母集団形成の結果に満足が出来ない程、母集団形成を十分に行う事が、厳しい状況となっております。

母集団形成の状況

ディスコ:2020年卒採用活動の感触等に関する緊急企業調査

採用における一番の課題は「母集団形成」

母集団形成は、ファーストステップでありながら、採用活動の最終的な成功を左右する際重要ポイントでもあります。

しかし、採用を行っている企業の「採用活動全体」においての課題で見ても、企業の61.5%が課題は母集団形成と回答しており、採用活動の中でも「母集団形成」に悩んでいる企業が多く存在することがわかります。

採用における課題一番は母集団形成

ディスコ:2020年卒採用活動の感触等に関する緊急企業調査

このことからも、「母集団形成」とは、採用活動において目標達成を左右する程重要なステップと言えます。

しかし、ただエントリーを集めればいいという事ではなく、エントリーした応募者とのマッチングの率も非常に重要となっています。では、どのように母集団形成をすれば良いのでしょうか。

新卒採用の主な母集団形成手法

現在多くの企業が、ナビサイトをはじめ、多くのサービスを駆使して母集団形成を行っています。では実際に効果があり、各企業が使用している母集団形成の方法な何なのか?解説していきます。

就職サイト

就職サイトの活用は、母集団形成の際に非常に効果を発揮しているため、多くの企業が利用しているツールです。

例えばマイナビやリクナビのような、歴史のあるナビサイトはすでに多くの学生から認知されており、多くの学生にリーチができます

一方で、多くの企業が活用しているため、埋もれてしまうことがデメリットです。ポイントなのは「掲載の仕方・工夫」です。オプションなどを使うことで上位表示されたり、他にも設定の仕方次第で学生から検索されやすくなる場合もあります。

インターンシップサイト

今や採用活動において絶対に外せないものとなったのがインターンシップ

学生が就職サイトで興味のある企業を探す際、その会社がインターンシップを実施していないという時点で検討リストから消えてしまうこともあるんだとか・・・。

最大のメリットは、やはり意欲が高く優秀な学生をいち早く確保できる可能性が圧倒的に高いことにあります!

関連記事

今回のテーマは『サマーインターンシップの未来予想』についてです。 22卒採用のグランドオープンに向けて大変な時期かと思いますが…。実は既に『2023卒』への動き出しは始まっているのです。 「いやいや、うちはまだ早いよ?いつも6月[…]

23卒採用に待ち受ける未来とは?23卒インターンシップ

新卒人材紹介(新卒エージェント)

人材紹介の最大のメリットは、何と言っても成果報酬型のため、無駄な費用が発生しない点です。

ただ反対に一人採用した際の費用が高く、会社にもよりますが、100万円前後のコストがかかってしまうデメリットがあります。

▼新卒紹介のサービス概要資料はコチラから無料PDFをダウンロードできます

新卒紹介サービス概要

ソーシャルリクルーティング

ソーシャルリクルーティングとは、SNSを利用した採用のことです。SNSが影響力を増す現代では、運用方法をしっかりと把握していれば、採用活動にも活かすことができます。

ソーシャルリクルーティングの最大のメリットは、費用が実質0円で運用できる点ですが、成果を出すまで長い時間を要してしまう一面もあります。

関連記事

今回のテーマは『SNS採用』 『SNSを用いた採用活動=ソーシャルリクルーティング』の実態を明らかにし、どんな手法がありどんなメリットがあるのかをひも解き、「SNS採用、成功の秘訣」もあわせて解説していきます。 さらに、今年度の[…]

採用×SNS~ソーシャルリクルーティングの活用&【成功の秘訣教えます!】

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングは、直接学生にコンタクトが取れる採用方法です。最大の魅力は一人一人に合ったスカウトメールを送れるため、本当に欲しい学生に質の高いアプローチができる点です。
そのため学生からのレスポンスが良いですが、一方で運用の際には多大な時間が必要となってしまいます。

関連記事

今回のテーマは、「PUSHの採用手法」と【ダイレクトリクルーティング】です。 近日より、待ちの姿勢から企業から積極的にアプローチする動きが増え、そのニーズは年々利用社数も増しているのではないでしょうか。今回はご紹介した内容を振り返りつ[…]

ダイレクトリクルーティング 導入メリット&成功事例6選

合同説明会

直接学生とのコンタクトを取りたい企業には、合同企業説明会がおすすめです。

単独で行うのに比べ、多くの学生が一度に集まるので、より多くのターゲットに出会うことができます。ただ大手企業などが多い場合、中小企業は自社ブースへの集客が困難に感じるでしょう。

マッチングイベント

合同企業説明会よりも小規模で行える、マッチングイベントは中小企業や採用資金が少ない企業にとっておすすめのイベントです。

一度のイベントで50人程度の参加が平均的なため、あまり知名度がなくても、企業の魅力や事業の強みなどをしっかりとアピールできます。多くの人とマッチングできる一方で、採用に直接つながる可能性が低い一面があるので注意してください。

スカウト配信

欲しい人材が明確になっている場合や特定のポジションに配属を想定している場合、スカウトの配信も非常に効果的です。

ナビサイトの掲載ほど露出ができず、多くの応募は見込めませんが、登録学生一人ひとりの質が高い傾向にあります。そのため明確に欲しいターゲットが決まっている場合、効率よく学生とコンタクトを取ることができます。

ただ、ターゲット学生に対してピンポイントで対応するため、作業工数・作業時間は一斉送信と比べると格段に上がります。マンパワー不足だけれどスカウト配信をしたいという企業は「スカウト代行」を利用するとよいでしょう。

関連記事

スカウトメールの配信は、欲しい人材にメッセージがピンポイントで送れるけど、文面の作成やターゲットの抽出作業に時間がかかってしまって大変・・・。 と、マンパワー不足で思うようにスカウトメールを配信できていない…という[…]

採用業務の時間を大幅短縮スカウト代行のメリットや選定ポイントを徹底解説

リファラル採用(友達紹介)

社員自ら友人や知人に、自社への入社を勧める採用です。こちらは、どちらかというと中途採用向けです。リファラル採用のメリットとしては、コスト削減と内定辞退率や離職率が圧倒的に低く抑えられること。現役社員のお墨付きということもあり、中にはリファラル報酬を設ける企業もあるほど効果的なんだそうです。母集団形成も社員自身が行ってくれるため、人事担当者の負担軽減も大いに期待できますね!

関連記事

さて、本日は、中途リファラル採用で成功する方法を伝授致します。最近では、採用業界のトレンドになってきている「リファラル採用」ですが、何がそんなに良いのでしょうか。 「リファラル採用(referral)」のメリット 思っていたよりも「ミス[…]

【中途採用したい企業必見】リファラル採用で成功する。5つの事例

学内セミナー

特定の学部や専門性に特化した人材が欲しい場合、学部などを絞って学内セミナーを開く方法もあります。

学内セミナーが上手くいくと、その後も定期的に顔を出す機会が得られるため、コンスタントに学生へアプローチが可能になります。そのため、大学の教務課とパイプを作るなど、事前準備を行うようにしましょう。

採用ホームページ

採用ホームページを充実させるのも有効な手段です。

文字数や画像に制限がなく、発信したい情報を好きなように載せられるメリットがありますが、自社のページを浸透させるための拡販も必要になるのが唯一のデメリットと言えます。

関連記事

今回のテーマは、採用活動をする際に、企業ホームページとは別に『専用に新卒採用ホームページ(採用サイト)を作る必要性』についてお伝えします。貴社のHPでは、新卒採用ページ(採用サイト)はありますか? 採用の早期化が進むにあたり、学生も早[…]

新卒採用アウトソーシング(RPO)

新卒採用において最大の手法。それが「採用アウトソーシング(PRO)」です。その名の通り、採用活動そのものをアウトソース(外部委託)できるため、いわば貴社の人事担当者が数名増えるイメージです。

アウトソーシング企業と採用についての要件などを詰めた後は、人材会社選定~母集団形成~面接~内定者フォローなど全てをお任せいただけます!

母集団形成で言うと、スカウトメール配信など人事が1件1件行う仕事をそのまま代行依頼できます。貴社の採用業務でキャリアマートにお任せできることはありませんか?キャリアマートは、新卒採用アウトソーシング(RPO)に大変特化しており、様々なクライアント様の採用支援を行っております。

1件1件のスカウトメール送信や条件にあった学生のスクリーニング(選別)。ぜひ弊社に任せて、その『生まれた時間』をもっと面接につかいませんか?

関連記事

・業務に追われて採用業務まで手が回らない・・・。 ・優秀な人材は欲しいがどう選んだらよいかわからない・・・。 ・プロの目で自社に適切な人材を選んでほしい・・・。 など人事に関する悩みを抱えている採用担当者の方も多い[…]

3分でわかる!採用代行(RPO)のメリットとデメリット

母集団形成を成功させるカギ

新卒採用において母集団形成は、採用成功の結果に直結する非常に重要なフェーズです。ではどのように母集団形成を成功させるのでしょうか?

採用ターゲットの明確化

まずは、どのような層の学生にアプローチしたいか、ターゲットを明確にする必要があります。

そしてターゲットのペルソナが確定したのであれば、その学生たちが興味を引くような打ち出しやコピー、情報を発信するようにしましょう。そうすることで、より必要としている学生からの応募につながる可能性が上がります。

各媒体へ掲載と知名度の向上

いくら素晴らしい事業や企業力があっても、知名度がないとなかなか学生からの応募は見込めません

発信したい情報が整ったのであれば、各種新卒採用ナビサイトなどへ広告を出し、企業の知名度を上げていき、世間から認知される必要があります。その際、大手のナビサイトへの掲載は、知名度の向上を大いに後押ししてくれます。

新卒の動向を把握するマーケティング

最後に重要なのが、新卒学生がどのように就活をしているか、情況を把握することです。

年度や業種によって、学生の動きは様々です。

そのため、自社で採用したい学生たちがどの様に行動しているかをリサーチし、それに合わせた採用活動を行うことで、効果的に学生からの応募を集められます。

母集団形成の始め方は?

採用方針が各企業によって異なるように自社に合う母集団形成の方法も異なってきます。まずはどのような学生が欲しいかを明確にし、そのペルソナに向けた情報をまとめるのが先決です。

上記の施策(ツールや媒体)をフルで活用している企業は、おそらくいないかと思いますが、母集団の増員を目標通り集客している企業では、上記のいくつかの施策やツールを駆使して母集団形成を行っています

しかし、むやみに情報を発信していると、間口が広すぎるあまり必要な学生に対して十分情報が届かないことにもなりかねません。

そのため、まず最初はどのような学生が欲しいか、ターゲットを明確にし、そのターゲットに対して、適切なアプローチ方法を取るのが最も効果的です。

まとめ

以上、『母集団形成のための戦術』をお届けしました。採用において、母集団形成とは「スタート」です!スタート無くしてゴールはあり得ません。新卒採用では、適切な母集団形成が採用成功を決めるカギとなります。

大企業では多額のコストを使い大々的に宣伝を行ったり、中小企業では欲しい学生に対してピンポイントでアプローチするなど、企業によって様々な方法を使い分けています。

たしかに、人材採用を行う上で予算が多いに越したことはありませんが、予算が少なくても方法によっては優秀な人材を採用することも可能です。

これから新卒採用において、どのように母集団形成をするか悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にして、新卒採用を成功させてください!

関連記事

採用活動には「母集団形成」がかかせません。応募者がいないことには選考ができませんし、応募者がいたとしても自社が求めている人材でなければ入社後も早期離職してしまう可能性が高いです。 本記事では「採用コストを抑え、母集団を形成するためには[…]

OSCTA

【新卒採用】成功する母集団形成の具体的な手法12選
フォローして毎日記事をチェック!