【中途採用の流れ】成功する採用フローとは?新卒採用との違い&最適な採用手法

中途採用をうまく活用すれば、優秀な人材を確保しやすくなります。とはいえ、採用フローが整っていないと、優秀な人材確保は至難の業。そこで中途採用の採用フローをしっかりと理解し、把握しておくことが大切です。

新卒採用に比べ、具体的な採用フローが整っていない傾向がある中途採用。何をどうすれば良いかわからずに、頭を抱えている企業も多いでしょう。

中途採用は、必要なときに必要な人材を確保できるチャンスでもあるため、フローはしっかり整えておきたいもの。そこで今回は、中途採用を成功に導くために一連の流れや手法などを、徹底的に解説しましょう。

新卒採用と中途採用の違い

中途採用の採用フローを確認する前に、まずは新卒採用との違いを理解しておきましょう。どのような点が違うのか把握しておくことで、より明確な採用フローが見つけられるはずです。

経験値が違う

新卒採用と中途採用では、そもそも社会人としての経験値に違いがあります。新卒採用は、学校を卒業したばかりで社会人としての経験がありません。そのぶん磨き上げることで、今後会社にとって大きな戦力となることが見込める、いわばダイヤの原石のような存在です。

一方、中途採用はすでに社会人としての経験を積んでいるため、採用後すぐに即戦力として活躍してくれるでしょう。年齢層も幅広く、年を重ねていれば重ねているほど、スキルや知識を多く身につけている傾向があります。

就職活動期間や採用時期が違う

新卒採用は、学校卒業時期のおよそ1年前の4月から就職活動を始めるのが主流です。要するに大学4年生になりたての頃から就職活動が始まり、それに合わせて企業側も採用活動を開始します。

一方で中途採用は、新卒採用のように特定の就職活動期間や採用時期は決まっていません。欠員が出た場合や、新たなスキルや知識が必要になった場合などに行うのが一般的です。なかには、なかなか自社にマッチする人材が見つからないなどの理由から、年中中途採用を募集している企業もあります。

関連記事

中途採用を行なう企業の人事担当者の中には、募集を始める時期はいつ頃が適切なのか詳しく知りたい方も多いのではないでしょうか。中途採用は、新卒採用と比較してゴールとなる時期が明確ではない分、スケジュールの立て方に悩むことも多いはずです。 […]

中途採用ベストなタイミング!転職者が一番活発な時期とは?

企業文化の浸透度にも違いがある

新卒採用は、社会人経験がないため、入社した企業の文化が浸透しやすい傾向があります。自社の働き方や考え方などをしっかり伝えることで、即戦力として成長してくれるはずです。

中途採用は、すでにほかの企業での就業経験があるため、ある程度就労に関する考えが固まっている場合があります。しかし中途採用で採用した人材は、企業の中に新たな風を吹かせる存在になるため、業務の見直しや新事業立ち上げの際にも活躍してくれるでしょう。

給与も違う場合が多い

新卒採用では、今後の期待の意味も込めて、平均月給程度で一律同額に設定しているケースが多くあります。社会人経験のない新卒採用に比べ、やはりそれなりに知識とスキルを持った中途採用のほうが、給与が高く設定されていることがほとんどです。また、優秀な人材を確保する意味でも、ある程度高額な給与設定にして募集を行うのが無難と言えます。

中途採用の流れ

中途採用の流れとしては、まず採用担当者が詳細を決めていくのが基本です。どのような人材が自社にとって必要か、いつまでに人材を確保したいかなども、はじめのうちにしっかり計画を練っておきましょう。

詳細な計画が立ったら、募集を行い選考に進みます。そして内定まで出せれば中途採用の採用フローは一通り終了です。

中途採用を実施するにあたり、その流れをスムーズにするには、採用人数やどんな人材が必要なのか、いつまでに中途採用を完了させるのかなど、ゴールとなる目標をしっかり定めておきましょう。

中途採用の採用手法

ひと言で中途採用としっても、多くの採用手法があります。それぞれのメリットやデメリットを把握して、どの手法を採用するかしっかり見極めてみてください。

転職サイト

WEB上で簡単に閲覧でき、企業の基本情報や社内の雰囲気など、多くの情報を発信できる手法です。給与や福利厚生、業務内容などの基本情報のほかに、社内風景を撮影した写真や先輩からのメッセージなど、個性のある情報を掲載することもできます。

採用に至らない場合でもコストが発生しますが、24時間誰でも見ることができ、多くの方の目に触れるため、複数人の採用を考えている企業におすすめです。

関連記事

転職希望者へより効果的にアプローチができる「転職求人サイト」 このようなお悩みをお持ちの方におすすめ うちの会社にマッチした転職サイトって何だろう? 転職サイトって正直どれも全部同じように見えるけど結局どれがいいの? […]

転職サイト おすすめ9社比較

人材紹介サービス・転職エージェント

人材紹介サービスや転職エージェントを活用すると、企業側が希望している人材にぴったりな方を探してくれます。希望するスキルや知識などの条件を人材紹介サービスや転職エージェント側にしっかりと伝えることが重要です。

仲介料金が発生しますが、そのぶん採用するまでの手間が省け、企業ニーズに合った優秀な人材を確保しやすいのがメリットです。中途採用に関するノウハウに自信のない採用担当者や、スムーズに人材を確保したい企業におすすめです。

関連記事

人材不足で悩んでいる企業や、自社に新たに戦力となる人材を迎えたいと考えている企業は、中途採用も検討していることでしょう。中途採用を行う場合、さまざまな人材にアプローチをしたいと考えているなら、アウトソーシングに頼るのも有効的な方法です。 […]

転職サイトと転職エージェントの違い

ハローワーク

ハローワークに企業情報を登録すると求人票に反映され、ハローワークに登録している方からの募集が見込めます。希望すれば、ハローワークインターネットサービスという専用のWEBサイトへの掲載も可能です。

採用や選考などの工程で手続きが必要になるため手間はかかりますが、無料で登録できるのであまりコストをかけずに中途採用者を集めることができます。

関連記事

人材を中途採用するには、ハローワークや転職サイト、人材紹介などさまざまな手法があります。ただ、業界・業種、目的によって、もっとも効果的と思われるツールは異なるもの。 今回は、特に企業が活用することが多い、ハローワークと転職サイトを中心[…]

中途【ハローワークに求人を出すべきか?】転職サイトとの違い・特徴比較

リファラル採用

自社で働く社員から、友人や知人を紹介してもらう採用手法です。身近なところから人材を確保できるため、比較的短期間で内定が決められるメリットがあります。

不採用時にはそれなりの配慮が必要ですが、コストはほとんどかからず、大体の人柄を把握できるため、企業と中途採用者との間でミスマッチが起こりにくいのも魅力的なポイントです。確実に人材を確保したい企業におすすめの手法と言えるでしょう。

ダイレクトリクルーティング

企業が探し出した応募者に、直接アプローチをする採用手法です。スカウトメールなどを送ってアプローチするのが一般的な方法で、ある程度のノウハウが必要となります。

また、転職を考えていない方にアプローチするパターンが多いので、長期的に取り組む必要がありますが、そのぶん人材確保のノウハウが身に付き企業として成長できるほか、自社にぴったりな人材を確保できるメリットがあります。

この手法は、急いだ人材確保を目的としておらず、とにかく自社で見極めた信頼できる優秀な人材迎え入れたいと考える企業におすすめです。

関連記事

今や優秀な人材を集めることも難しい時代となり、各企業が求人広告以外のあらゆる手段を活用して採用活動をしています。中でも求職者に直接スカウトやオファー出し、ダイレクトリクルーティングなども主流となってきています。 その流行りは現在、新卒[…]

今話題のスカウトサービスiroots(アイルーツ)の特徴や口コミをご紹介!

 

中途採用の一般的な採用フロー

中途採用の一般的な採用フローを工程別に紹介します。基本の流れを押さえた上で、企業によるオリジナルの要素を加え、より効率的な採用フローの完成を目指しましょう。

 

採用の流れ

1.採用計画

まずは、どのような方針で中途採用をしていくのか、その計画を立てていきます。 採用人数や、採用ターゲットの絞り込み、入社時期はいつにするかなど 具体的な目標を決めましょう。

2.母集団形成

採用計画で方針や基準が決まったら、それらをもとに詳細な募集要項を作成していきます。募集要項が完成したら、転職サイトやハローワークなどの採用手法を活用して、母集団形成を行いましょう。

3.書類選考

母集団形成後は、いよいよ書類選考です。求人応募で集まった書類の中から、自社の求める人物像にあった応募者を絞り込みましょう。 レジュメを確認し、必要なスキルや知識を持っているかを見極めることが、 中途採用では重要になります。

4.面接

書類選考である程度絞り込んだ応募者と、面接を行います。 表情を見ながらしっかり話したいときには実際に会って面接する方法を、 録画をしたい、リモートワークで会社にいない場合などは、オンライン面接を活用するとよいでしょう。 オンライン、対面面接どちらも用意し、応募者に合わせて対応するのがおすすめです。

5.内定

内定時には、内定面談を行うようにしましょう。 入社後の条件通知や、面接の評価点やフィードバック、入社して実際にやってほしいことなどを 伝えるようにしましょう。 内定者のモチベーションアップや不安を取り除くために、一緒に働くメンバーと顔合わせするのもおすすめです。

6.入社

優秀な人材が確保できた場合でも、入社したから終わりというわけではなく、 活躍できるように研修や入社後のフォローも忘れないようにしましょう。

 

関連記事

DODAが行った転職求人倍率調査によると、2020年9月の求人倍率は1.61倍(前月比-0.04pt)。転職希望者数は前月比105.4%、前年同月比111.4%でした。 転職希望者数が増加しているのに、「なぜか”ターゲットとなる人材”を確[…]

採用CXとは

中途採用を成功させるためには

人材確保が困難になりつつある昨今では、スピードを重視した採用フローを意識することが中途採用成功の第一歩です。中途採用の応募から内定までの目安期間は、1~2週間程度が主流になりつつあります。

今までは応募から内定まで1カ月程度かかるケースも多くありましたが、より優秀な人材を確保するために、徐々に採用に関わる期間が短縮されている傾向です。その理由に、中途採用で求職活動をしている方は、複数の企業に応募していることも多くあるからです。

また、採用フローにひと工夫を凝らすことも大切です。例えば、人柄を重視したい場合には面接を複数回実施したり、より優れたスキルや知識を持つ人材を確保したいなら筆記テスト実技テストを取り入れたりと、よりニーズにあった人材を確保できるよう、努力が必要となります。また、ある程度複数人の中途採用を考えている場合には、企業説明会を開催するのも有効的な手段です。

関連記事

今まで通り求人媒体に掲載するだけでは、簡単に応募が集まりづらくなった現代で、本当に効果のある採用手法はどのようなものなのでしょうか。 本記事では、「基本的な採用手法を1からおさらいしつつ、ここ数年で新たに出てきた採用手法や採用成功につ[…]

中途採用を成功させる方法が知りたい!本当に効果のあった採用手法を一挙公開

まとめ

中途採用には多くの試練がありますが、採用する方法や採用フローをしっかりと確立し工夫することで、良い人材を確保できます。コストやノウハウなどを考慮して手法を選び、自社にとって必要な人材を確保しましょう。

中途採用での採用フローは、とにかくスピーティーに行うのがポイントです。しっかりと計画を練り、求人者の人柄やスキルなどを見極めて、中途採用を成功に導いてください。

関連記事

DXとはデジタルトランスフォーメーションの略で、もともとはITが人々の生活をよりよくするという生活全般に及ぶ広い意味合いでした。日本においては「デジタルの力を使い最適な経営戦略を導き出し、新しい価値を創出する」と定義されています。 今[…]

必要なスキルやマインドセットにも注目

OSCTA

中途採用の採用フローをマスター!基本の流れから成功のコツまで徹底解説
フォローして毎日記事をチェック!