今からでも間に合う!?20卒学生の新卒採用っていつまでできるの?

【PR】就活かけ込み寺。就活キャリア

▲いまからでも間に合う就活。アドバイザーが就活をサポート!無料会員登録はこちら


さて、今回のテーマは【20卒学生&21卒学生の就活動向】です。21卒採用オープンまで残りわずかとなった今、20卒学生&21卒学生の動きや傾向が今どうなっているかを、改めて分析する必要があります。

内定率は、どのような変化があったのでしょうか?
昨年と比較すると、どのような動きが見えてくるのでしょうか?

今回は、「内定率」「就職活動実施率」をチェックしつつ、昨年比較が可能な各社の調査記録を基に、お伝えしてまいります!

10月時点で、未内定学生は全体のわずか1割

10月時点で「内定を持っている学生」はどの程度存在するのでしょうか。
【Anser】20卒学生全体:90.5% (90.5%) ()は前年同時期数値

昨年同時期とは全くの同数値、前月1日(88.2%)から2.3ポイント上昇!平均内定社数は、2.3社という状況です。

参考:株式会社ディスコ「2020年卒就活モニター調査」

結局いつまで動いている?!その答えは…

10月には、内定持っていなくても就活終了!?

さらに、株式会社リクルートキャリア「就職プロセス調査」では、2019年10月1日時点での「就職活動実施率(全体)」は8.6%(昨年同時期:10.0%)と、内定保持に関わらず、おおよそ就職活動は終了している様子です。

こちらの調査データに関しては、ほぼ全ての月において、昨年同時期を下回る結果であることが、特筆すべき点かと思います。

参考:就職プロセス調査(2020年卒)【確報版】「2019年10月1日時点 内定状況」

調査機関は違えど、ふたつの調査データから見えるのは、企業側の内定出し数は増加しているものの、学生の入社先決定速度は早まっており、なにより「学生側の企業選定時期が早期化」していることがわかります。

就活スケジュールが変わらない21卒においても同様の傾向が見られる可能性は高く、学生に認知されるタイミングをいかに早くしていくかは、戦略として考える必要がありそうです。

この記事を読まれているということは、20卒採用はおそらく芳しくない状況だったことと予想します。採用成功には、学生の動向を知ること、早めに準備をしておくことが最も重要になってきます!

ぜひ、こちらの資料を参考に、「超早期化」の新卒採用を成功させてください!

22卒動向資料

「採用早期化」関連記事

今回のテーマは、『2021卒採用の早期化加速』についてです。 年の瀬を向かえ、特に1月~2月は冬期インターンシップが中盤に差し掛かってくる時期だと思います。   3月1日の解禁に向けて、各企業様はどんな準備をして[…]

早期化はここまで加速する!?出遅れないために『今』知っておくべきことをご紹介

資料ダウンロードなんてしてる余裕さえもない!とお困りの場合は、こちらからお問い合わせください!早急に問題を解決しましょう!

採用について問い合わせをする

結局どうなる21卒??

就活スケジュールは20卒と変わらない

一般的に、「いつからいつまで」という就活スケジュールで言えば、大学3年の6月に就職サイトのインターンシップサイトがオープンすると同時に就活がスタート。そして、大学4年の10月内定式で終わる学生が大半ではないでしょうか。

一般的な就活スケジュール

20卒のインターンシップ参加は過去最高

株式会社マイナビ「就職モニター調査(7月の活動状況)」では、内々定先のインターンシップに参加した割合について発表されておりました。全体で38.4%(昨年同時期:30.9%)、理系男子に至っては43.4%(同:33.2%)と、インターンシップの需要はますます高まっていることが伺えます。

21卒学生、約6割が参加済み

2021年卒学生に対する「マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査」において、「すでに参加したことがある」と答えた学生は、64.9%となり、昨年同時期53.6%と比べ、10ポイント以上の上昇となりました。

参加目的として昨年よりも大きな変化を見せたのは「視野を広げるため」という回答で59.3%(昨年同時期:40.8%)にものぼりました。前述しましたが、インターンシップの需要は、21卒においては拡大傾向だが、参加理由がよりカジュアルになっていることが伺えます。

参考:2021年卒 マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査

↓コチラの記事で詳しく紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

「早期化・インターンシップ」関連記事

今回のテーマは『サマーインターンシップの未来予想』についてです。 21卒は新型コロナウイルスの影響で大混乱でのスタートとなり21卒採用の採用計画練り直しで大変な時期かと思いますが…。しかし!実は既に『2022卒』への動き出しは始まって[…]

22卒採用に待ち受ける未来とは?22卒インターンシップ

 

まとめ

学生傾向的にも市況的にも、企業側から学生に対して、積極的に情報開示を行うことは非常に大切な施策となりそうです。
インターンシップの広報、採用活動に関する情報、福利厚生等の就業条件の開示等、「学生に選定される」企業になることを意識して、活動すべきかと思います。

 

また、やみくもに母集団を作るだけではなく、母集団内のターゲット学生割合を向上させる施策も必要かと思います。相互にマッチング度合の高い状態で選考を進めることで、内定承諾率の改善を図れるかと思われます。

以上、高橋がお届けしました!次回もお楽しみに!!

 

OSCTA

いつまで就活している?最新の内容状況&動向
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!