tumblr_ndx1pzJ3gy1qfirfao1_1280

就活生の情報源は口コミ!!

こんにちは!
採用アウトソーシング会社CareerMart採用コンサルティング事業部の豊泉美鈴です!

 

5月も早いものでもう終わりを迎えようとしてます。
梅雨入りの地域も増えてきました。
じめじめと嫌な季節になりつつありますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

本日紹介する記事はこちらです↓
就活生の半数以上がインターネット上の口コミや書き込みを参考にする

 

この記事によると企業説明会以外の情報としてインターンネット上の

口コミや書き込みを参考にしている学生は半分以上の52%!!

情報収集の結果、9割以上の学生が志望順位に悪影響を与えているとされています。

下記、就活生を対象としたアンケート結果もご参考ください。

 

インターネットの情報が与える影響


■企業説明会以外の情報源

・転職サイトの口コミ 38%
・2chの書き込み 14%

 

■志望順位への影響

・志望するのを辞めた 37%
・志望順位を下げた 55%


 

情報化社会となり、企業研究時の情報源としてもインターンネットの活用が活発化し、

志望順位への強い影響力を有しているため、留意が必要であるということです。

 

私も就職活動を行うときに情報収集として活用していたのはインターンネットでした。
マイナビやリクナビに掲載してある情報以外に、実際にその企業が周りから

どういった評価を受けているのかが気になる方は多いはずです。

 

そういった中で、検索ワードで引っかかりたくないワードはなんといっても

【ブラック】ではないでしょうか。

 

学生が企業を調べる上で「○○企業 ブラック」と調べることが多い中で、

本当はブラックと呼ばれる企業ではないのに、

その言葉が検索ワードに引っかかってしまうということが増えてくると思います。

 

では、どうしたら悪い評判は少なく出来るのでしょうか?
あくまで私の考えですが、

学生からそういった行動を控えてもらうのは難しいことでしょう。

そこで大切なことは学生により企業を知ってもらうことではないでしょうか。

 

インターンネットで知った情報ではなく、

学生自身が実際に体験をし、ブラックではないと知ってもらうことが

何よりも一番大切にすべき声だと思います。

 

例えばインターンシップです。
学生に企業の魅力を直接伝えるのには最適なものだと思います。

 

もちろんインターンシップ以外でも学生と直接話す機会はたくさんありますが、

なによりも大切なのは企業を深く知ってもらうことです。
企業理念や、仕事内容はもちろん、

社風や社員の雰囲気なども伝えていくことが大切だと思います。

 

それでは本日はここまでとなります!

 

その他、新卒採用に関するお悩みはこちらから!
▼Click▼

http://www2.careermart.co.jp/contact.html

Comments are closed.