『採用管理システム』特徴&強み比較!新卒採用におすすめ6選!

今回のテーマは、新卒採用におすすめな『採用管理システム』のご紹介です。人事の皆さんは、この「採用管理システム」というのをご存知でしょうか?もう既に導入されている企業さまもいらっしゃることと思います。

まだご存じない方や導入を検討されている企業様、システムを切り替えたいと思っている企業様にむけて、新卒採用に大いに活用していただきたい採用管理システムを「6種類」ご紹介いたします!それぞれの特徴×強みをおまとめしましたので、少しでもご参考になれば幸いです!ぜひご覧ください!

そもそも、『採用管理システム(ATS)』とは?

まずは、こちらを簡単にご説明します。

採用管理システム(ATS)とは、英語では「Applicant Tracking System」と呼ばれ、Tracking、つまりは「応募した方(学生)が今どの選考段階で、どんな進捗や評価の中進んでいるかなどを簡単に追跡ができる採用管理ツール」のことです。

採用管理システム(ATS)が管理している項目は主に下記の4つに分けられます。

採用管理システム主な項目

  1. 求人管理:複数の求人を簡単に作成
  2. 情報管理:応募者履歴書等の情報管理
  3. 選考管理:面接の評価・進捗管理
  4. 内定者管理:内定の通知やフォロー

 

求人を簡単に作成でき、選考管理などを効率化できることはもちろん、

  • 説明会 → 選考には、どれぐらいの学生が進んでいるのか。
  • 一次面接で好印象だった●●大学の▲▲さん、二次面接ではどんな評価を受けているか。
  • 選考辞退やキャンセル、どの採用プロセスで起こりやすくなっているのか。

など、採用活動の効率化・生産性アップを叶えるだけでなく、活動中の自社分析や課題発見などもリアルタイムで把握することが可能になります。

また、大量応募に対するメールのやり取りや各々データ管理も自動化できることで、手元のパソコンと紙の上での管理に限界を感じている人事の方にはぴったりなシステムでございます!!

では、『採用管理システム』にはどんなものがあるのでしょうか?

おすすめ採用管理システム6種!特徴×強みを解説

新卒採用にとても便利な採用管理システム。6種類ご紹介させていただきます!

アクセスオンライン(AOL)

【特徴】
効率的・採用費削減、そして自由な設定が可能なうえにセキュリティーも万全!
採用管理業務に必要な機能を総合的に兼ね備えた管理システムです。

【強み】
就職サイトや自社HP、就職エージェント会社など、多方面からきた応募情報をまとめて一括で管理することができ、採用管理ツールとして高い機能を持ちながらも、応募者に対して親しみやすい画面を共有したり、その都度で自社戦略に合った自由なカスタマイズ頂けるなど、企業・学生目線で使用できる管理ツールとなります!

SONAR(ソナー)

【特徴】
「一元化」・「自動化」・「見える化」。採用成果に直結する時間を捻出できるクラウドサービスです。

【強み】
採用活動を行ううえでは、各企業さまそれぞれのニーズが存在します。
そのあらゆるニーズに対応し、業務を一元化 ⇒ 状況を見える化 ⇒ 手間や工数のかかる業務を自動化することで、極限まで業務内容を縮小。採用においての面接や選考厳選など、最もコアな業務に徹底専念できる!という画期的なシステムです!

採用一括かんりくん

【特徴】
「有効母集団の形成から内定者フォローまでできる芸達者な採用管理ツール」
大手適正検査会社との連携や、運営会社が保有する数万名のデータベースの中から、自社にあった学生へスカウトをすることができ、学生の活躍度や母集団形成ができる管理システム、それが採用一括かんりくんです。

【強み】
大学のキャリアセンターやSNS、運営会社が連携のある媒体等から登録のある学生に対し、スカウトを送ることができ、マッチ度の高い学生へアプローチできたり、クローズドSNSを通じて内定者と頻繁にコミュニケーションを取れたり、コミュニティへの参加具合から内定辞退の危険性のある学生をアラートしてくれたりと、管理ツールでありながら、母集団形成や内定者フォローができる点が強みです!

next≫

【特徴】
採用におけるコミュニケーションはすべてLINEで完結。
イマドキの学生にあったLINEを駆使するため、従来のメールなどと比較し、学生の開封率が高く、細かくかつスピーディに学生と接触できる管理ツールになります!

【強み】
特徴でも申し上げましたが、next≫の強みは何といってもLINEとの連携にあり!
今年度20卒の学生の93.4%は知人とのコミュニケーションにLINEを使い、一方で「メールは来るたびにチェックする」という学生は全体の50%以下、それ加えて「毎日はメールをチェックしない」と回答した学生が、全体の13%にも及びました。4600人調査でわかった「今の就活生」5つの特徴 より)

そんなイマドキの学生にマッチした管理ツールと言えますね!学生とのコミュニケーション数が増えれば、自然と企業への興味・関心も高まりますので、内定承諾率の改善や、例えば就活イベントで接触した学生への連絡として駆使すれば、イベント参加⇒選考参加までの歩留まり改善にも役立つのではないでしょうか?自動応答機能も搭載されているので、作業工数の削減にも有効です!

ジョブカン採用管理

【特徴】
「新卒・中途・アルバイトすべての領域に対応した採用管理システム」
エントリー、応募者の情報の一元管理や、選考ステータスの可視化など、採用管理ツールとしての基本的な機能を抑えつつも、応募経路をワンクリックで確認できたりとユーザビリティに富んだ、かゆいところに手が届く管理ツールです!

【強み】
こちらの管理ツールの強みはシンプルな機能と採用管理ツールを使いなれていない人事様でも手軽に使える点だと思います。

応募者画面では、基本情報や選考結果、メールの履歴などが1画面でみることができ、また、Googleカレンダーと連携してスケジュール管理を行うことも可能です。更に大手求人媒体は、応募者データの自動取込も可能ですので、管理画面にログインする必要もありません。シンプルな機能ながらレポート機能や、タスク管理機能も充実しているので、これから初めて管理ツールを使いたいと思っている企業さまに特におすすめです!

R-SHIP(アールシップ)

【特徴】
貴社へエントリーした学生のみが閲覧できるメンバーズサイト。見せたい学生だけに、必要な情報をすぐに発信が可能!

【強み】

R-SHIP(アールシップ)は、外部の内定フォローツールと連携をとる事が可能ですので、様々なツールを試したい人事・採用ご担当者様にはお勧めです!

採用管理システム(ATS)+採用代行システム(RPO)

様々な媒体において、学生の学部や希望勤務地・希望職種など、エリアが広範囲であったり、職種が多数だと振分けだけでかなりの時間を要します。そこで、エントリー学生の専攻科目や勤務地、希望職種によって表示される画面が自動で切り替わってくれるとどうでしょうか。

しかしそこで懸念されるのが、切り替え画面の作成や設定、そしてそれぞれのデータの取りまとめ。考えるだけでも、膨大な作業が想像できますよね。就職サイトなどのデータのダウンロードなど、煩わしく感じられるのであれば、弊社にアウトソース(外部委託)して頂ければ人事様の手間も一つ省けますので、強力な採用アウトソーシング(RPO)体制を実現も可能になります!

上記業務 + メールや電話の対応などを、弊社にアウトソース(外部委託)となれば、人事様は、エントリー学生の採用進捗や希望職種などの変化、画面を切り替えたことによる効果や成果の報告をただ待つだけでOKになります!

さらに、全国に渡る広範囲で採用を行う場合。各地域の採用担当への情報共有も必要になりますよね。
それも、キャリアマートにお任せすればいいのです!

⇒ 詳しくは採用のプロにお問い合わせ下さいませ!

それよりも、最も学生と接点をもてる説明会や面接に力を入れてみませんか?ターゲットへダイレクトに発信・そして成果を待つだけで採用が進められます!

作業負担を減らして、採用活動の効率・生産性のアップ!今回ご紹介した採用管理システムも導入すれば、それが実現できると思います!!少しでもご興味の有る企業様は、弊社キャリアマートへお気軽にお問い合わせ下さいませ!

関連記事

早速ですが、今回のテーマは『採用管理システムの活用方法と導入事例』です!前回、採用管理システムとはどういうものなのかをお伝えさせていただきました。なので、今回は導入後のメリットからデメリットまでをわかりやすくお伝えします! %[…]

採用管理システムATS
新卒採用におすすめ!『採用管理システム』6種を徹底比較!
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!